« 「やそだ総研」の子会社設立! | トップページ | 私はなぜ週刊誌が好きか »

わたしの「人権週間」

 先週は一体なにがあったのか、私がラジオやテレビに出ることになりました。月曜はラジオ大阪で「ザ・ぼんち」の里見まさとさん司会の「NEWSワンダーランド」でフランス大暴動の背景について解説、水曜はNHK衛星第一放送の「きょうの世界」のイタリア特集で取り上げられた政治風刺番組に関しての解説をしました。著名な研究者ではない私が出演することになったのは、いろいろな偶然が重なったものですが、とてもいい偶然でした。

 メディアで話すというのは、やはり勉強になります。共通了解事項の多い研究者同士の会話では、どうしても細かいところに目が行きがちですが、こうした機会では、より客観的に俯瞰してものごとを見ることが必要ですし、できるようになります。そして、ものを伝えるということに真剣なプロの人々の素晴らしい仕事を目の当たりにすることができました。

 二つはまったく異なるテーマだったのですが、私が当初スタッフから出演のお話しを頂いた瞬間には思いついていなかった一つの言葉が両方で自然に出てきて、自分でも驚きました。それは「人権」です。

 ラジオ大阪では、今回のフランスの暴動が主としてブールと呼ばれるアラブ系移民2世によるものであることから、その背景を説明していた(もともと、フランスへの関心からヨーロッパを研究し始めたのです)のですが、フランスが特別に差別的な国と誤解されないように、違法移民の子供にも教育の機会を与えていることなど、外国人の人権への配慮は日本と比べられないほどある、ということを付言しました。

 また、NHKでは、民主主義国では人権への配慮から政治議論がありきたりのものになりがちなので、そこに政治風刺がある程度、風穴を開けてくれる役目があると言った訳です。すなわち、ポピュリストという病気に対するワクチンであると。もちろん、人権自体が重要であることは言い添えました。

 これらのコメントは、事前に出演者やスタッフと打ち合わせた折りに考えたものです。出演される司会の方々がそれぞれにこの問題を独自の視点から考えてくれて、私だけなら単にヨーロッパ政治オタクのような話で終わってしまったかもしれないものを、より普遍的な問題を視聴者に考えてもらうメッセージの入ったものにしてくれました。

 私自身、普段の研究では、あまり知識人の役割など意識したことはないのですが、それほどおおげさなものでなくても、やはり自分にできる社会貢献とは何かということについてちゃんと考えていなければいけないなと反省しました。

 私から「人権」という言葉を引き出してくれた放送のプロたちに感謝です。

 なお、本当の人権週間は12月10日を最終日とする1週間です。

|

« 「やそだ総研」の子会社設立! | トップページ | 私はなぜ週刊誌が好きか »