« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

トリノ五輪とイタリア大統領

 間もなく、トリノ・オリンピックが開幕します。今回は、私の本分である研究者として、ちょっと変わった、トリノならぬトリーノと、開会式に出席するチャンピ大統領についての、薀蓄話をします。

 さて、このトリーノ、日本人の行く一般的な観光ロード、ローマ=フィレンツェ=ミラーノという線を北西方向に進めるとフランスを目の前にしたピエモンテ州の州都として、そこにあるわけですが、イタリアに深い関心を寄せていない方には、いま一つイメージの沸かないところです。よく英語の記事を訳した日本語に英語名のチューリン(Turin)がそのままカタカナになっているのも見受けられます。

 しかし、イタリアの統一を成し遂げたサルデーニャ王国がその名に反してサルデーニャ島でなく、このトリーノに本拠があり、イタリア最初の首都がここであったということは、この際想起されるべきでしょう。イタリアは、北部からサルデーニャ王、後にイタリア国王となるヴィットーリオ=エマヌエーレ2世が北から、シチーリアから南部をナポリ王国の支配から解放した英雄ジュゼッペ・ガリバルディが南から、イタリア統一に向け進軍し、この両者が、前者が白馬に乗って、後者が普通の馬に乗って、ナポリの北、ティアーノで握手し、ガリバルディが平定した南部を国王に提供したのです。

 首都はその後、トリーノから短期間フィレンツェに移り、ローマ教皇をヴァテイカンの一角に閉じ込めることでローマがようやく首都となります。だから、フィレンツェの中心街にえらくごつい建築物でできた広場が、ローマには「世界最大のタイプライター」と揶揄されるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂が、それぞれまわりの風景と不調和で存在しますが、これらはすべて、ようやく統一したイタリア王国のアイデンティティー形成に使われたものなのです。

 トリーノは、その後もミラーノとは違った形で国際都市、文化都市であり続けました。もちろん、ここにフィーアト(FIATのTがトリーノですね。なんせ、これは「トリーノ・イタリア自動車工場」という名前なのですから。フィアットというのはちょっと英語読みですね)という自動車メーカーができ、何よりも工業都市、イタリアのデトロイト、ないしは豊田ではないか、ということになるのですが、それ以上に知的に重い都市です。

 グラムシに代表される共産主義、ゴベッティなどの左派リベラルなど、イタリアを代表する政治思想を育んだ町です。戦後できたイタリア共和国の事実上の初代大統領(公式に初代大統領のデ=ニコラは臨時国家主席から新憲法施行時の大統領に暫定的に就任した)である自由主義者のエイナウディもこのトリーノ大学の財政学教授出身で、戦後の通貨危機をイタリア銀行総裁、予算相となって乗り切った人です。かれの親族が作った出版社がその名もエイナウディで、この書店の水曜会は多くの作家、文化人が集うサロンでした。

 さて、話は今回のトリーノ五輪で開会宣言をするであろう、現在のイタリア共和国大統領カルロ=アゼーリオ・チャンピに移ります。この人は歴代の大統領の中でも最高の経歴と資質を持った素晴らしい人物です。現首相のベルルスコーニが財界出身で、お騒がせなことが多い人物、おそらく歴代首相でモラルは最低に近いだけに、好対照です。

 チャンピはイタリアの大統領選では珍しく1回の投票(国会議員と地方代表による間接選挙)で選ばれました。こういう人は過去の大統領でほかに一人しかいません。多くの政党があり、左右両勢力の対立が激しいイタリア政界で一人の人物を選ぶのは難しいのです。よほどの人物だといえます。

 チャンピは長くイタリア銀行総裁を務めた後、1992年以降、大汚職事件と通貨危機でイタリア政界全体が大混乱に陥ったなかで、1993年に非議員(イタリアの首相は国会議員でなくてもよい)ながら経済政策への期待から首相に選ばれます。そこで政労使の協定で一応の安定を保った後、新選挙法が施行され、新しい政治家たちが参入してきます。その代表格がメディア王ベルルスコーニでした。

 しかし、このベルルスコーニ政権が短期でつぶれ、次の内閣は選挙内閣として、今度はイタリア銀行副総裁だったディーニが首相となり、閣僚全員が非議員の選挙管理内閣を作ります。その後に1996年「オリーヴの木」連合のプローディが中道・左派政権を樹立するのですが、その国庫相(日本の財務相に相当)がチャンピでした。チャンピの努力でイタリアは財政難を建て直しユーロに初めから参加することができました。

 ユーロ参加一つをとっても大統領に選ばれるに十分ですが、実はそれ以外に彼には政治家たちが持っていないすごい経歴があります。彼は、若い頃、ムッソリーニ失脚後、ドイツ軍と戦ったパルチザン知識人の作った「行動党」という政党の地方支部にいたのです。対独レジスタンスこそが戦後のイタリア共和制の基礎であるわけですから、これは左右両派ともに尊敬しなければいけないことなのです。

 もちろん当時二十歳前後のチャンピはレジスタンスの代表的な英雄ではありません。しかし戦後60年、もう生き証人も少なくなったなかで、彼は現存する最後のレジスタンス経験者の一人です。レジスタンス参加者で一番若い層に属します。だから、彼が大統領として1948年にできた共和国の伝統を語るとき、ほかの政治家にはない重みがあるのです。

 現在の政権与党には北部同盟のように、イタリア共和制の伝統を否定する勢力もいます。そのなかでチャンピは、三色旗の意義、国家の意義、解放記念日(4月25日)の意義を演説で述べつつ、現実に法案への親署権によって、憲法違反の法令には署名しないという形で「憲法の番人」を務めているのです。もう85歳くらいのはずで、任期7年の大統領への再選は普通あり得ないのですが、それでも今年任期の切れる彼に再選を期待する声がやみません。

 トリノ五輪の開会式をご覧になるみなさん、イタリアの政治家はベルルスコーニのような人ばかりではありませんよ。ぜひ、チャンピという人をこの際、記憶にとどめてください。

|

仏新聞・雑誌の預言者ムハンマド漫画掲載に

 デンマークの新聞「ユラン・ポステン」に始まったイスラームの預言者ムハンマドの漫画掲載は、忘れかけていた「文明の衝突」という言葉を思い出させました。私は、9.11の反米、反資本主義的なテロリズムの問題の本質は、むしろ「文明の衝突」ではなく、アメリカの政治・外交そのものに根ざした問題へのイスラム原理主義者側からの乱暴な形の「応答」であり、それをあたかも「文明の衝突」として煽った政治家や一部の知識人に作為的なものを感じたものです。

 しかし、今回は、事情が違います。西欧文明の本質の一部をなす「風刺」が危機に晒されています。日本の世論はことが宗教に及ぶとして、どちらかといえば、事なかれ主義に流れているように思えますが、私は日本人としては少数派でしょうが、むしろ掲載した新聞、雑誌の「言論の自由」は基本的に守られるべきものだと思っています。

「フランス・ソワール」のあとを追って「シャルリー・ヘブド」がムハンマドの漫画を掲載したのは、もちろん商魂たくましい漫画週刊誌の経営戦略も原理主義者の行き過ぎに悩んでいるというもので、一つの主張としてそれほどひどいものではありません。むしろもともとのイスラームの教えの本旨にある平和の精神への期待とも読めます。イスラム教徒一般を人種差別的に馬鹿にしたわけでもありません。これをも禁じよというのは明らかに行き過ぎです。

画像はここで見れます。http://permanent.nouvelobs.com/medias/20060208.OBS5607.html

シャーリー・ヘブドに一挙掲載された、これまでに問題となったムハンマドの漫画を見ると、その幾つかはまさに西欧のエスプリの結晶です。なかでもパイプの先に預言者らしき顔をつけて「これは預言者の風刺画ではない」と題した漫画は最高でした。これはマグリッドが描き、フーコーも論じた「これはパイプではない」のもじりですよね。こうした遊び、こうした精神の余裕こそが西欧の強みだと思います。

私もどんな漫画でも許されるとは思いません。例えば、比喩がよくないかもしれませんが、ムハンマドがセックスに関わるような風刺で取り上げられたら、それはダメだと思います。というのは、キリストも仏陀もセックス的なことからは一応距離を置いて聖性を保っているわけですから。でもキリストも仏陀もはるかに愛嬌のある存在で、漫画でも結構ユーモア好きに描かれている気がします。

今回の派手な反発は、あきらかにイスラーム側の印象を悪くします。というのは、一人の漫画家への反発を一つの国家への反発に拡大してしまったからです。西欧とイスラームで、個人と社会の関係が違うことは知っています。しかし、国家を経由して特定個人を黙らせるということは民主主義の原則を根幹から崩します。むしろ、西欧はかつてファシズム、ナチズムでそれをやりまくり、その反省の上に今、民主政があるのです。

日本が本当に民主主義国であるならば、むしろ軽々に漫画のほうを抑える方向に議論を進めるべきではありません。これは宗教に関することだからと、当たり障りのない議論に終始して、敬遠すべき問題ではないのです。風刺は無害ではありませんが、民主主義社会においてポピュリストや独裁者を裸の王様にするワクチンです。正当な理由無きイラク戦争を指揮したブッシュ大統領の論理の貧しさを日々告発しているのも風刺であることを、世界のイスラームの民に理解してもらいたいものです。

|

私はなぜ週刊誌が好きか

 私は週刊誌を偏愛しています。

 高校から大学、大学院の初期までは『朝日ジャーナル』でした。最初に読み始めたときは、「光芒の1920年代」という連載があって、アベル・ガンス、エイゼンシュタインの映画、ブレヒトなど、田舎都市では理解のヒントになるものすらなかったけれど、なぜか頑張って読んでいた気がします。大学に入った年に筑紫哲也が編集長になり、硬派の雑誌としては売れ出して、浅田彰とともに、だれもがフランス哲学、文学の翻訳口調を真似だしました。しかし、やがて伊藤編集長から下村編集長になると、変にフェミニズムの入った女性誌の悪いところだけ入れたような軽いものになり、やはりというか休刊になってしまったものです。

 毎週読むものがなくなったとき、最初の会社勤めをしました。そこはD総研といい、証券系の調査会社でしたが、記事を書く仕事なので、まずは新人社員の教育として、M新聞出身のH部長に、テーマを出されて作文の提出を求められました。テーマは「鼻」。「花」の誤植ではありません。学生というか学者になりたくてなれなかった(後で大学院に入りなおすことになります)気分そのままに、シラノの大鼻とシラノに例えられることも多かったド・ゴールを引き合いにして芥川のアフォリズムを真似た、青臭いエッセーを出しました。

 返ってきた評価は、ほぼゼロ評価で、「このような文は読者に、書き手のインテリ臭さを感じさせて敬遠させる。われわれの仕事は売文、売れる文であり、読者にスッと入ってくる文でなくてはならない。」H部長の具体的なアドバイスは、知識が豊富でありながら、読者に嫌味な感じを与えない司馬遼太郎さん(彼自身が産経新聞の出身)が当時『週刊朝日』に掲載していた紀行エッセー「街道を行く」の連載でした。

 たまたま、当時このエッセーが東大のある本郷界隈を扱っていたことから、大学という場が好きな私にも楽しく読めて、ほかの記事を読んでいるうちに、確かに内容は易しいが、こういう風に分かりやすく書くには、いろいろ工夫がいるな、とようやく分かってきました。

 そのあとに自分で論文を書くようになっても、基本的にいろいろな小ネタを盛り込みすぎて話題豊富だが、論理明確でないという友人評を受ける私ですが、逆に話すほうでは、週刊誌のリズムというか、筆致が大いに参考になっています。

 このあとで、私が知ったほかの週刊誌の効能は意外なものでした。研究や文章を仕事にしている人のイライラしたときの気晴らしや何か事故にあったときのリハビリには週刊誌がいい、と医師がインタビューで答えていたのです。こういう人が仕事で行き詰ったときは、自分が精魂入れている中心的テーマから一時的に離れたほうがいいが、まったく別の分野ではかえってそれがストレスになることがあるというのです。これは、私が今日まで実感していることです。

 ただ、子供の頃から写真が好きで、写真雑誌や写真美術書もよく見る私は、表紙やグラビアにも脱線的に開眼してしまいました。もともと、いろいろな雑誌の綺麗な写真を切り取って保存ることをよくやっていた私は、部長の勧めるまま『週刊朝日』を毎号買って読んでいるうちに、当時、篠山紀信が撮っていた表紙も好きになってしまったのです。

 篠山紀信といえば、今は週刊ポストの「アカルイハダカ」などが有名ですが、私の世代には「写楽」という写真雑誌で山口百恵のビキニ写真を撮った伝説のカメラマンです。90年代前半の『週刊朝日』の表紙は、まるで無くなった『朝日ジャーナル』のポップな部分が移ってきたような軽いタッチの題字に白地バックのシンプルな画面に時代のモデル、タレントたちが毎週登場しました。松雪泰子、緒川たまきのヴェールをつけた貴婦人風の像など、今も頭に浮かびます。

 雑誌は溜まると捨てざるを得ませんが、この表紙が捨てがたく、今日までほぼ毎号クリアファイルにストックしています。10年も経つと、これは一種の社会風俗資料です。ですから、『週刊朝日』が編集長の交代で、『週刊新潮』のような絵になったとき、苦情の葉書を書いたものです。いわく、「週刊誌は時代を切り取るものだ。鮮度が大事で発売日に買わないと、たちまち情報が風化するくらいだ。その時代時代を表すタレントたちが表紙に出ているからこそ、時代を共感できるし、都市生活を実感できる。」

 その後、別に私の葉書に関係なく、表紙は写真に戻り、むしろ女性カメラマンによるライブな写真を掲載するようになりました。ときどき、絵に描いたような美人をそのまま撮るのに抵抗を感じて、そのまま撮るだけで美しい伊藤美咲などをわざとワイルドに撮ろうとして失敗していることもあるけれど、基本的に毎週楽しみにしているのです。流行のモデルなども分かるし。

 90年代後半になると、それまでややお色気路線だった『週刊文春』の巻頭グラビア「原色美女図鑑」(タイトルがオッサンですなあ)が、むしろ美しい写真に路線変更してから、こちらも買うようになってしまいました。本当にクオリティ高いですよ。

 国外に行くとき、週刊誌を買いもらすことだけが気がかりです。しかし、定期購読にしないのは、発売日(都心では発売日前)に、できるだけ傷のないのを買うという至上命題が私にあるからです。自分の好きな研究以外で、これがほとんど唯一の趣味なのです。高い写真集を買うお金はないので。

 多分、将来ホームレスになっても、ゴミ箱から週刊誌を拾って読むでしょう。

|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »