« 記憶力減退との戦い | トップページ | トスカーナに集う欧州左翼の優雅な生活 »

イタリア新大統領はなぜ、ヴェントテーネ島に行ったか?

先ごろ旧共産党系で初めて大統領に選出されたイタリアのナポリターノ大統領が、中部イタリアの離島ヴェントテーネ島で演説をしました。上院が2議席差と左右両陣営の対立が激しい中で、中立的な憲法の番人である大統領は、しかし、欧州統合への貢献は全政治勢力の責務であると戒めたわけです。

大統領がいちばん近い港ガエータからも船で2、3時間離れたこの離島に来たのには理由があります。イタリアだけでなく欧州各国にその名が知られるようになった欧州連邦主義者スピネッリの亡くなったのが、20年前の今月なのです。来年は生誕100年ですから、今年、来年と関連行事は続くでしょう。

スピネッリは同じく反ファシズム政治犯として、この島にあった収容所にいたコロルニ、ロッシと今日「ヴェントテーネ宣言」と通称される欧州統合運動のマニフェストを起草し、1941年の夏、夫コロルニと対面が許されていたウルスラ・ヒルシュマン(あのアルバート・ハーシュマンの親族です)にこの文を密かに託し、それが本土のレジスタンス活動家に回覧され、戦後のイタリアの欧州主義運動のもとができたのです。

スピネッリが釈放後、スイスやフランスで他国の欧州主義者と交わり、それが各国を横断した連邦主義運動になりました。もちろん、これが欧州連邦主義の唯一の起源ではありませんが、その哲学は同じ連邦主義の思潮のなかでも特筆すべきものであり、今日でも読まれ続けています。

ナポリターノ大統領自身もスピネッリと無関係でなく、スピネッリが欧州議会で推進グループを作って採択させた欧州連合憲法条約草案(今日話題になっている欧州憲法条約とは別のものだが、基本的発想は似ている)に協力した一人です。ナポリターノはイタリア共産党では「右派」と目され、教条主義的なイデオロギーからは遠く、「影の外相」として同党の外交政策を欧州主義志向に転換した貢献者です。

ナポリターノ新大統領もチャンピ前大統領もレジスタンスに関わった人ですし、過去の大統領にはペルティーニのようにスピネッリと同じく、ポンツァ(これもヴェントテーネと同じく離島)の収容所にいた人もいます。

会場には、欧州憲法条約の草案を作ったコンヴェンションの副議長だったアマート新内相(元首相)、欧州中央銀行理事だったパドア=スキオッパ新経済・財務相(自身の名前を関した欧州統合に関するリポートでも有名)、EU委員だったボニーノ新欧州担当相(出身の急進党は「欧州合州国」を推進)の欧州主義者3閣僚が列席したようです。

これで、少なくとも新政権になったことで、イタリアから再び欧州統合にポジティブなメッセージが出てくることが期待できます。

これこそ、わが「やそだ総研」の心待ちにしていたメッセージです。

|

« 記憶力減退との戦い | トップページ | トスカーナに集う欧州左翼の優雅な生活 »