« 演劇と映画 | トップページ | 8月15日の不思議 »

私がイギリスや日本を研究対象にしなかった理由

土曜に科研の研究会で東京に行ってきました。イタリアの財政政策について語った翌日の日曜、久しぶりに目白駅近くの「切手の博物館」に行って、中にある郵趣サービス社のショールームで新着の切手を買ってきました。ホームページ「やそだ総研」に掲載したニルデ・ヨッティが図案になったイタリアの女性参政権60周年と制憲議会選挙60周年の切手です。後でアップします。

イタリア研究なんて日本ではマイナーな分野で、なんでもっと世の中に広まったイギリスなどをやらなかったのかと度々思うのですが、その一つの理由に、子供のころ感じた切手発行国としてのイギリスと日本のつまらなさがあります。

この2国、切手発行政策上は共通点が一つあるのです。まず、めったに歴史的事件や人物を題材にしない。イギリスでは4点組みで発行されたチャーチルを例外として、首相クラスでもまず出ません。日本は吉田茂すら出ませんが、少なくとも文化人については、毎年「文化の日」に2~3点出すようになり改善されました。イギリスでは文学上の架空の人物シャーロック・ホームズは5点シリーズで出ましたが、作者コナン・ドイルはない。女流作家は4点セットで出たことがあります。

理由は分からないのですが、おそらくイギリスは立憲君主制で、通貨は全部女王の絵で切手にも片隅に女王のシルエットが入りますから、あまり偏った図像が使えないのは想像できます。間違っても社会主義者の記念切手に女王のシルエットを入れることはできないでしょう。多分、日本は歴史に対する臆病さでしょう。とにかく、判断を避ける、問題になりそうなものは一切やらないという官僚主義ではないでしょうか。

ヨーロッパの大陸諸国、特に共和制の国々は、何を置いてもまず人物、と思うほど発行点数が多い。もちろん、独裁者でない限り、存命中は発行されませんが、切手でフランス文学史も、フランス政治史も簡単に作れます。左翼政権のときに頑張って左翼政治家を発行するという偏向もなきにしもあらずですが、政権交代もありますし、対立陣営でもこれはという人物は必ず発行しますから、ある意味大人の見方ができる。つまり、発行点数が多いから、いろいろなものが発行できてバランスはいつかとれるわけです。

もちろん、発行に迷う例もありますが、今回のイタリアの女性参政権60周年のように、長くイタリア郵政から排除されていきた共産主義者も、ヨッティのように人気のある人は、本人の記念でなく、こういう記念のモチーフとして使うこともできるわけです。

ヨーロッパだけではなく、アメリカも結構歴史を大事にしています。大統領はどんなに人気がなくても死後1年ほどで追悼切手が出ます。ニクソンはウォーターゲート事件で辞任するという不名誉な退場をしましたが、それでも国家国民があるとき、この人に国を委ねたんだという敬意を示してちゃんと発行されました。民主党のクリントンの時期です。日本のように大臣病でなく、法案を作ったことで名を残す名議員のほうが単なる大臣よりも発行の可能性が高いのも、やはり民主政をよく理解している国だと思います。

歴史を解釈することを恐れず、少々の性格の偏りも含めて総合的に人物を判断する、そういう気概と勇気のある国家、国民でありたいものです。

ところで、イギリスのほうはまだポリシーがありますが、最悪の切手発行政策をしたのは日本です。現在「ふるさと切手」という各都道府県レベルで独自のデザインを出す切手がありますが、こんな馬鹿な政策をとる国はほかにありません。こんなことをすると、クオリティーが低くなり、どうでもいい地方的な意匠が多くなるのは目に見えているからです。案の定、人物切手も国の文化人切手にくらべると極端にレベルが低いです。

この政策の責任はだれにあるのか。「ふるさと創生論」という中身のない政策?を出したあの人のせいです。いい意味で国家、国民のプライドは捨てないでほしいものです。

日本郵政に最後に一言。「アニメのキャラクターより実在の人物だろ!」

|

« 演劇と映画 | トップページ | 8月15日の不思議 »