« 枝雀の落語 | トップページ | マイブーム、欧州評議会 »

リヒテンシュタインの切手

仕事でリヒテンシュタインのお客さんに会いました。全人口が3万5千人の国ですから、日本でこの国の人に会うこと自体が珍しいです。その方は国会議員なのですが、全員で25人だそうです。それでも三つ政党があるところもヨーロッパらしい。

行ったことはないけれど、私には親しみのある国です。同国は同じ欧州の小国であるサン・マリノやモナコと同様、自国の切手を外国の収集家に売って国家の重要な収入源としています。私からお客さんにまず申し上げたのが、「私はフィラテリスト(切手収集家)です。」この一言のおかげで会話がスムーズに行きました。日本では少数派で馬鹿にされる趣味だけど、本来、欧州では大人の趣味なのです。欧州でも少数派になっているようですが。

|

« 枝雀の落語 | トップページ | マイブーム、欧州評議会 »