« リヒテンシュタインの切手 | トップページ | トルコと欧州評議会(2日の記事の補足) »

マイブーム、欧州評議会

先週末に裏方を仕切った行事の余韻がまだ残っていて、仕事が終わってコインランドリー(大阪は長居しないだろうと洗濯機を買っていないのです)に行って、洗濯ものを放り込んだ後、ランドリーの椅子に座って欧州評議会(Council of Europe)に関する論文を読んでいました。しばらくこういう時間がとれなかったのですが、やはり研究者は常に読んでいないとボケますね。いろいろ発見したり、思い出したりでした。

研究仲間のUさんの論文でこの欧州評議会の重要性を教えられたけど、自分ではついに勉強しなかった。悪友T氏がこれを審議会と訳さず評議会と訳すのもようやく理解できた。

来週末はEU学会に行くのだけれど、その前に東大のDESKのトルコについてのセミナーでも聞こうかなどと考えていたら、創設期の欧州評議会の諮問議会でトルコの代表が話している記事にぶつかりました。え、ひょっとしてトルコが最初に入った欧州機関ってNATOじゃなくて欧州評議会?これはこの後、欧州評議会のサイトに行って確認しますが、基本的なことを全然押さえていなくて最近の不勉強はひどいな、と反省。おりしもローマ教皇がトルコ訪問に向かっています。

幾ら仕事のストレスがあっても酎ハイ片手に「のだめカンタービレ」なんか読んで発散しているようでは駄目だな。全巻読んでしまったけど。

|

« リヒテンシュタインの切手 | トップページ | トルコと欧州評議会(2日の記事の補足) »