« 本邦本格EU本の時代! | トップページ | 周防監督に学ぶ正しい怒り方 »

大阪でテレマンを聴く

などと書きましたが、バロック音楽に詳しいわけではありません。以前から気になっていた日本テレマン協会の室内楽コンサートを頭痛治療と称して(逆効果か?)聴いてきました。実は、日本ではクラシック・ファン以外に知られていないこの作曲家を知ったのは、やはり切手で、CEPT加盟国(EUより広くトルコも加盟)が統一テーマで発行する「ヨーロッパ切手」で昔、音楽がテーマの年にたまたまドイツ発行のテレマンの肖像の入った美しい切手を入手したのがきっかけです。

バッハみたいな形の人だなと思っていたら、やはり同時代の人で、「コーヒー・カンタータ」などといったテーマチックな曲も作っている。その後、今はないFM雑誌で日本テレマン協会の旗揚げを読み、日本でなぜこのようなバロック専門の組織ができるか不思議に思い、その後忘れていたのですが、なんと先日その活動の本拠は関西だと知り、二重の驚き。情報が東京に集中しているとはいえ、文化移入には一日の長ある関西、その深いところをかいま見た次第。

ドイツからいらしたベテランのチェンバロとヴァイオリンの素晴らしい奏者お二人で、大阪倶楽部という歴史のある紳士の会合場のようなところのホールで聴いたのですが、大変よかったです。やはり外国の大型オケなどの切符は高くて買えないし、吉本新喜劇(4千円弱なので諦めました)よりも安いというのが素晴らしいです。

ただ、私はやはりメジャーなバッハのほうが好きなのだと気づきました。ポピュラーに通じるケレン味というか、センチメンタルなところもあるのが、私のような単純な人間にはいいです。テレマンはちょっと高級な感じがします。

日本テレマン協会 http://www.telemann.ws/

大阪倶楽部 http://www.osaka-club.or.jp/

CEPT(欧州郵電公社会議=仮訳) http://www.cept.org/

|

« 本邦本格EU本の時代! | トップページ | 周防監督に学ぶ正しい怒り方 »