« ダレーマ訪日記事のこだわりどころ | トップページ | 頭の柔らかい著者の本2冊 »

プローディ首相、9ヶ月目の辞職

プローディ首相が辞任しました。外交政策に関する動議への投票で、もともと2議席差の上院で、連立与党から2人の投票不参加(棄権と区別される:上院では入場して棄権すると反対票に数えられるため、議員証などをかざして投票しない意志を示す慣行がある)、定員外の終身上院議員から2人の棄権(策士アンドレオッティ元首相と自動車車体メーカー経営者ピニンファリーナ)が出て、この場合の必要な賛成票160票にあと2票足りなかったものです。

(注)「上院は2議席差」と書きましたが、これは選挙終了時の数。315人の選挙で選ばれた議員のほかに定員外だがフルに議員資格を持つ7人の終身上院議員がいる)

投票に参加しなかったのは中道・左派連合のなかで反戦派の最左派3党のうち2党、再建共産党と共産主義者党の各1人の議員ですが、おそらく最近ヴィチェンツァで盛り上がった米軍基地拡張反対デモの余韻のなかで、イラクと異なりアフガンからの撤兵については慎重で「国際公約を安易には破れない」とする政権中枢への不満がたまっていたのでしょう。

1998年にも再建共産党の主流派の1票差で第1次プローディ内閣が信任投票で敗れ総辞職していますが、そのときと異なり、今回は再建共産党も党としては賛成にまわっていただけに、上院で伯仲する議席で余裕のないところが露呈しました。第1次プローディ内閣はそれでも2年以上続き、イタリア共和国史上、3番目に長い内閣でしたが、今回はわずか9ヶ月です。

ここ10年くらいなかった、多数派の形成が長引き事実上の政権不在の「危機」がまた訪れるかもしれません。今回の総選挙は新選挙法によって左右がまっぷたつに分かれただけに他の組み合わせの可能性が乏しいのが問題です。左右の境界を越えて政権を作っても、それは選挙で国民が選んだ組み合わせでなく、政権の正統性に疑問符がつきます。

中道・左派で再度、別の政権をつくることもは可能ですが、やはり、プローディ以外は今一つです。左派で人望の厚いダレーマ副首相・外相では、また10年前と同じ交代になってしまいますし、この際、もっと若いルテッリ副首相に代えるにも、彼のほうがプローディよりも左派から遠いのに納得されないでしょう。

「私なしにどこに行こうというのか」プローディ自身の言葉です。大統領による次期政権への協議が今日と明日続きます。

|

« ダレーマ訪日記事のこだわりどころ | トップページ | 頭の柔らかい著者の本2冊 »