« チェ・ゲバラが好きなタレント | トップページ | ブログのタイトル変更 »

なぜイタリアを落としたのか

年初に出た岩波文庫の『世界憲法集』(新版)から旧版にあったベルギーとイタリアが落ちました。編者も「できれば収録したかった」と書いておられるのに、なぜ入らなかったのだろう。文庫本として厚くなりすぎたのだろうか。

米仏独加日中露韓スイスが収録なので、憲法典のない(憲法的な法秩序がないという訳ではないが)イギリスを除ければ、他のG8(G9)も皆入っているのにつくづく惜しい。今の国力以上に歴史的意味のある憲法なのだが。

|

« チェ・ゲバラが好きなタレント | トップページ | ブログのタイトル変更 »