« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

アンコーナへの想い

相当のイタリア好きでないと知らない町、アンコーナ。マルケ州の州都であるこの町を日本で例えると新潟だろうか。どちらも、対岸は旧共産圏で冷戦期には一定の緊張感もあったが、民間の貿易は絶え間なく続いていた大きな港湾都市である。

ナンニ・モレッティの映画を政治学の立場からまじめに論じる機会を与えられたので、彼がカンヌを制した「息子の部屋」の日本語パンフを見たら、いかにもイタリア語を聞き書きで書いた「アーンコナー」という表記に、これはひどいな、と思った。

モレッティがここを映画の舞台に選んだのは、豊かな北部と貧しい南部のどちらにも偏しない中部のこの町で、人間そのものをよく描けるからだという。行ったことはないが、雰囲気は分かる気がする。

実は、私は行ったことがないのに、この町の情報には多く接している。大学では文学部(筑波では人文学類という名称だったが)の史学科で西洋史学を勉強していたのだが、卒業論文で、テーマに選んだのが、中世の一時期アドリア海商業をめぐってヴェネツィアのライバルだったアンコーナの12世紀のできごとだった。

その後、アンコーナの情報に接したのは、日本の女子バレーのプロ化開始直前に、一時、日本の社会人チームを去った大林素子と吉原知子がここのプロチームに入ったことである。吉原は間もなくローマに移籍したが、二人はイタリアの都市のなかでも派手さはないが、経済・社会的にもいい街で生活できたのではないかと想像する。現在北部のヴィチェンツァにいる高橋みゆきも環境はいいのではないだろうか。

ただ、お金も時間もあまりない三流研究者の身では、研究に少しも関わらない地方都市に行くのは、贅沢すぎる。よきにつけ悪しきにつけ、人生の転機が来たら、無目的に訪ねたいと思っている。

|

切手のシール化が止まらない

誤った民営化で今日では、フレーム切手に自分の写真を入れて送ることもできます。エヴァンゲリオン切手に続き、8月の世界陸上では現役の室伏選手や池田選手の図案が発行されます。

伝統が感じられる、よい図案を発行してきたフランスでも、過日ハリー・ポッター切手(発行目的は「切手祭り」でしたが)が発行され、ヨーロッパもその例外ではありません。

いろいろな図案が出るのはいいこと、というふうに肯定的にばかりは見ることができません。

|

「ヨロ研」を作ろう

学界にいる方には以下のことは周知のことですが、日本にも蓄積のある地域研究の拠点があります。北海道大学のスラブ研究センター、通称「スラ研」などはその代表格です。

とにかく、日本の東欧研究はすごくて、どんな小さな国にも研究している人がいます。マケドニア(正式名:旧ユーゴスラビア・マケドニア共和国)やモルドヴァなどにもいます。集団としての東欧研究者は、イギリス研究者ほど多くはないでしょうが、フランスやドイツの研究者に比肩するくらいいるのでは、とさえ思います。

EUやヨーロッパについても、東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センターや東西のEUインスティテュートがあるわけですが、その研究所独自の大量の蔵書と研究員を多数抱えた本格的な研究機関の創設が欲しいところです。

イタリア研究者の先達の一人で数年前に亡くなった方の蔵書が、務められた大学に収められて、今も研究仲間が使っているという話を先日聞きました。しかし、実は最近では、これは幸運な例です。大学図書館ですら、今風でない本は置きたがらない傾向が各種報道や学界ゴシップから伝わってきます。書き込みがあってはいかんとか、そういう形式にとらわれず、行き場のないヨーロッパ研究文献も拾ってくれるような、立派な研究所をだれか作ってくれませんか?みんなが「ヨロ研」と呼ぶような。

そうすれば、これを書いている三流研究者が行き倒れても、多少とも後生に意味のあるものを残せると思うのです。

|

プロテストする文化

イタリアの新聞『コッリエーレ・デッラ・セーラ』や『スタンパ』によると、スモッグによる大気汚染に反対し、クルマ社会を見直すことを訴えて、欧州の数カ所の街で全裸(あるいは半裸)サイクリング「ワールド・ネイキッド・バイク・ライド」というデモがあったようです。どうも、スペインのアラゴン地方にある団体が呼びかけたものらしいのですが、マドリッド、ロンドン、ブライトン、パリなどでそれぞれ100人くらいは参加しているようですし、アメリカのワシントンでも同じデモがあったようです。

実はG8に対しても、半裸になった男女が平和や環境などのテーマでデモを打っていたのですが、今回のものはよりテーマをしぼったもののようで、裸の体に「2輪はよいクルマ、4輪は悪いクルマ」「石油は人を殺す」などと書いています。

この種のデモへの熱心さにはいつも感心します。日本で同じことをやると、周りはみんな引くのではないかと。実際に欧米でよくある「毛皮を着るくらいなら裸がマシよ」というデモを日本でも行ったことがあるのですが、裸に横断幕のようなものを皆でまいて歩道をデモしている風景は寒々しいものでした。

何も裸になることはないのではないかと思うのですが、確かに集団で自転車に乗るだけでは大して人の目を引きませんから、そうする意味は分かります。しかし、やはり体まるごとを使っても自分の意志を表すぞ、という気合いがなければ、またそれをどこかで理解する周りの文化もなければ、こういうことはできないと思います。

少々行儀が悪くても言いたいことを言う。これくらいの気力がなければ民主主義社会とはいえないのではないか、交通整理をデモより優先し、それを一般の人も容認する、この日本では不足していることです。

もっとも、もう一つ大事なことがあって、こういうプロテスト自身を楽しむという側面もあることです。ヨーロッパも夏を迎え、太陽光線が貴重な北側の諸国では日光浴シーズンです。正直、気持ちよくてやっている部分もあるのでは。

やりすぎと思う人もいて、こういう最近のデモでは、平和運動の旗のように虹色の多色の帯を体に描く人がいます。報道写真には、自分の○○○○にも紫色の絵の具を塗っている男性もいて、さすがに何もそこまでと思いました。でも、悲壮感でなく、おもしろさも入ったプロテスト文化のいい面だと思います。

|

「自社さ」を覚えていますか?

自民党が「基礎年金番号導入時の厚相は菅直人民主党代表代行」とするビラを用意したものの、党内からも「泥仕合を避けよ」という批判があったようです。

そうなんですよ。当時、自民党は野党でなく、「自・社・さ」政権の与党だったのですから、責任は免れません。「さ」が「新党さきがけ」だったということも忘れられつつある昨今ですが。しかも当時の首相は、厚相経験者の故・橋本龍太郎氏です。そもそも番号だけが問題じゃないし。幼稚なトリックです。

逆に、菅厚相(当時)が自分の就任の前に発生した薬害エイズの問題を厚相として土下座で詫びたという事実が提示されたら、自民党はどう答えるのでしょう。海外には加熱製剤があったのに非加熱製剤が使われ続けた時期は、もろ自民党政権の時代です。

私はべつに菅を贔屓していません。歴史のつまみ食いは許せないだけです。フェア・プレイをしてほしい。

|

「大日本人」大人気(ネタばらさず)

話題の「大日本人」を日曜朝一で見てきました。私はプロフィールでも書いているように、吉本のコテコテギャグは好きではないのですが、「小日本人」の一人として「大日本人」松本人志をリスペクトしています。

大阪梅田近くのピカデリーで朝から行列でした。さすがに朝一でしたので見れましたが、15分前でもう前のほうの2列と後列が1個単位(カップル、家族連れの余り)でぽつぽつ残っている程度で、松竹系にしかかかっていないこともあり、お客が集中したようです。

場内で販売しているパンフにも映画を見る前には見ないように封がしてあり、あとでパンフを見たのですが、例えパンフを見ても中身の全貌は分からないように工夫してあります。

松本ファンとしてストーリーは明かしませんが、お金だけの価値は十分ある、不思議な作品です。ナンセンス、パロディ、ギャグなどいろいろな笑いの要素が入っているのですが、松本人志一流の微妙な間や言葉の使い方があふれていて、言い方は悪いのですが、海外輸出は難しい、きわめて「超日本人」的な内容です。この機微は、大味なアメリカ映画人はもちろん、言葉の多すぎるフランス映画人にも分からないでしょう。

ユニバーサルな笑いというのは、底の浅いものだと思います。個別の深みに入らないと観客の心の底には響かないし、それゆえに笑いは文化なわけですから、この映画が仮に海外でも受けなくても、作品として全然恥じる必要はないと思います。北野武監督にしてもビートたけしの笑いのエッセンスは使いつつも、それを前面に出した映画で評価されているわけではなく、それはどの国の笑いでも同じではないかと。

社会性を感じる部分もないわけではないのですが、社会に入って議論するのを恐れない爆笑問題の太田光と違って、松本人志の場合は、社会批評として語られることを避けて笑いの職人に徹しようとしているように見えます。社会との関係は当然ある、しかし笑いを一時も捨てないことが第一義という職人の美学です。その結果、かえって彼自身が表現者として戦っている表現の制限と世間の反応が、ヒーローとしての大日本人の戦いにかぶって見えます。

キャストは公開されている6人以外は秘密なので書きませんが、公式HPのストーリーの断片で存在が明かされている主人公の妻役の女優さん(名前は秘します)は、ミニシアター系の映画で前からファンだったのですが、適役だと思います。ちょっと気の強い女性(美人)を演じたら最高の人です。「名古屋で立ち寄る店」(HPで公開のストーリー断片より)のキャストも良かったです。

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »