« セカンド・ライフでの政治闘争 | トップページ | 70年代しか信じない »

「富山」が動いた

保守王国の富山で自民が敗れた。

もともと県内自民党の最有力政治家だった綿貫氏が国民新党代表になったという事実がなければ、絶対この結果はなかったはずだが、どんなときにも自民党を選んできた富山が自民を不信任したのは、ここに生まれた私には衝撃である。

やはり保守が強い佐賀でも自民が敗れている。歴史的な選挙である。

|

« セカンド・ライフでの政治闘争 | トップページ | 70年代しか信じない »