« ネグリ来日中止について | トップページ | デザインと性別 »

ネグリ来日中止を残念に思うなら

 アントニオ・ネグリ氏の来日中止を残念に思うなら、入国を認めなかった法務省や、それを監視する国会の法務委員会の委員に手紙やメールを書こう。他の人が書いている、などと思わないで、自らペンをとり、キーを打とう。他の人と同じような内容でも、量の多さも国民の意思表示です。アメリカのいろいろな市民運動は、必ず「皆さんの議員に手紙を書いてください」と呼びかけ、それに応じて市民が手紙を書けば、多くのアメリカの議員は形式的であれ、印刷やコピーであれ、あなたのご意見を読みました、と返事します。
 たとえ、効果がなくとも、残念に思いながら、何もしないのは、市民でも知識人でもない。私はメールを送り始めました。

|

« ネグリ来日中止について | トップページ | デザインと性別 »