« 欧州議会50周年 | トップページ | ライブツィヒも「68年」 »

地中海も独仏枢軸?

『ル・モンド』のニュースメールによると、仏独両国が今夕の欧州理事会で、以前からサルコジ仏大統領が主張してきた「地中海のための連合」計画を発表するという。共同閣議までやっている両国が共同提案をすることは不思議ではないが、歴史的・地理的にこの問題でドイツに優位に立てるはずのイタリアは、仮にフランスが声をかけたとしても、ただいま議会解散中で総選挙に没頭、すでに辞職した政権が選挙後の新政権成立まで暫定的に統治しているため、もとよりリーダーシップはとれない。おそらく唯一存在感を出せるであろうこの問題で主役になれないとは悲しい。
 ここまで未明に書いて、今朝NHKのニュースを見たら、どうも様子が違う。むしろメルケルがサルコジにEU一体で参加する計画にせよと迫り、サルコジが妥協したようだ。それにしてもメルケルがここまで強いのは、内外で絶妙のバランス感覚を見せる本人の力と、やはりEUの重心が東に映ったせいだろうか?

|

« 欧州議会50周年 | トップページ | ライブツィヒも「68年」 »