« イタリア各党の選挙シンボル | トップページ | 影響力世界第9位のブログ »

コソボのURL

 国家主権とは、などと偉そうなことを学生に講じる身であるのに、知らないことは多くて、例えば、ふと気づいたのは、新しい独立国にどのようにURLのドメイン名(カントリー・コード)が与えられるかを知らない。ミクロに小さくても昔からある国にはURLがある。アンドーラは.ad、サン・マリーノは.sm、ヴァティカン市国は.vaだ。URLを管理するのは民間団体のはずだが、いったいどの段階から、独立のURLで新しい国は表記できるのだろう?コソボはまだ未承認の国も多いので無理だとしても、コソボより早く独立したモンテネグロも(まあ、私には調べることもないけど)まだ見ていないが、もうURLはあるのだろうか。

|

« イタリア各党の選挙シンボル | トップページ | 影響力世界第9位のブログ »