« ベルルスコーニ圧勝の意味するもの | トップページ | スペインのほうが面白い? »

フラッティーニ外相?

 イタリア新外相に、イラク派兵時の外相フラッティーニの名前が挙がっている。確かに、ベルルスコーニの子飼いだし、EU委員への転出も、カトリック右派のブッティリョーネ(その後、トリノ市長選で負けるなど、散々な運命にある)が同性愛者差別発言で委員就任が認められなかったことを受けての緊急避難であったわけで、イラク派兵への評価に関するものではない。しかし、これはいろいろ欧州内で問題があったベルルスコーニが、自分は何一つ間違っていないと主張している印象を他国に与えないか?
 やはり右派政権で外相だった国民同盟のフィーニには下院議長を回すようだ。これでフィーニの側はいいのだろうか。確かに日本よりは下院議長の存在感はある。思うに、本当は、フラッティーニに代えてこの旧ネオ・ファシスト転じての欧州保守主義者をEU委員に出せば面白いが、やはり欧州議会が許容しないだろう。
 とすれば、EU委員は誰にするのだろう?

|

« ベルルスコーニ圧勝の意味するもの | トップページ | スペインのほうが面白い? »