« 紙テープはいつなくなったか | トップページ | スーツと政治 »

奇跡の一冊!

 私も参加していた「原典・ヨーロッパ統合史研究会」の成果である『ヨーロッパ統合史』(遠藤乾編、名古屋大学出版会)が刊行されました。定価は3,200円+税で、今月中に書店に並びます。このテーマでこれだけの内容の本が出るのは、関係者として言うのは何ですが、まさに空前絶後でしょう。
 専門家にぜひ使って頂きたいのはもちろんなのですが、例えば大学で専門でないのに国際政治、ヨーロッパの歴史や政治も教えなければいけないという方もぜひ、これを頼って講義をしてください。
 なお、私はこの通史には執筆していません。年内に姉妹編の史料集が出て、そこに少し執筆しています。お楽しみに。(当分の間、この記事を常にトップにおきます。実質的な最新記事はこの下です。)
Thebook

|

« 紙テープはいつなくなったか | トップページ | スーツと政治 »