« 私的物価指標 | トップページ | 元気(大丈夫?)ですかー »

大政党のweb軽視

 久しぶりに日本の各政党のホームページにアクセスしてみた。現実に政権をとっている、あるいはとる可能性のある2大政党のホームページのトップページがぬるい、緩い。政権は絶対とれない小政党のほうがホームページはよくできている。
 共産党は、今、まさに問題になっている後期高齢者医療制度批判を冒頭に大きく掲げ(フラッシュでニュース一覧と機関誌「赤旗」の広告に切り替わるが)ているし、社民党もYou Tubeのように、自分たちの活動を動画で見ることができるようにトップページに分かりやすく並べている。
 ところが、自民党のトップページはフラッシュで「中小企業の声を聞きます」と「それでも暫定税率廃止を望みますか」だ。これらも重要でないとは言わないが、国民の生活に直結した喫緊の問題にストレートに答えていない。民主党に至っては、前回の総選挙で勝ったときの小沢代表の写真と「生活第一」のスローガンのままだ。どちらも総花的で重点が分かりにくい。
 ただ情報量が多ければいいのではない。メリハリをつけなければ。2大政党にはあえて「webを軽視していますよ」と言いたい。
 といっても、こんなブログだけで言っても自己満足でしかないから、両党にメール送ってみようかな。どうせ、読まないと思うけど。送っても、アリバイみたいなものか。でも、新聞の論説はお呼びでないとしても、投書欄に応募するにも、ネタが弱すぎるし。ここでゴチておきます。

|

« 私的物価指標 | トップページ | 元気(大丈夫?)ですかー »