« (学術書として)大ヒット発売中! | トップページ | プレスティジャコモ環境相来日 »

狐と狸と狼(イタリア新政権入門)

 安易な類推は学問の最大の敵である、ともいえるが、誤解を含んでいても、大きなイメージを伝えないといけないこともある。サルマン・ラシュディの『悪魔の詩』の訳者、故・五十嵐一氏はイスラムの美学にも通じた大変な学者だったが、一方で日本でのアラブ理解を進めるために『中東ハンパが国を滅ぼす』という新書で、中東の政治地図を日本の55年体制の各政党に例えて紹介した。ぬるま湯的な大国サウジアラビアは自民党、強烈なイデオロギーを持つイスラエルは共産党、中間的なトルコは民社党というような感じだったかと思う。
 私は、現地体験のある日本人などが書くいわゆるイタリアもののエッセーが、実体験部分はともかく、しばしば政治や歴史への理解が乏しく、好まないのだが、素人でも言い得て妙な表現をする人がいて、立ち読みしたので本の題名や著者名は忘れたが、ベルルスコーニとフィーニをキツネとタヌキに例え、両者が化かし合いをしながら、互いを切れずにいる関係を解説していたのは、巧いと思った。この例えを私なりに拡張し、ボッシをオオカミとして、3者の関係で初心者向けの解説をしてみよう。
 人里(イタリア)には、北と南の二つの村があった。
 キツネ(ベルルスコーニ=フォルツァ・イタリア党首、首相)は、3匹のなかで最もルックスがよく、人なつっこく、お金持ちで、どちらの村でも村人に好かれている。「変身自由動物連合」(右派陣営)の表看板は常に彼であり、過去5回の「村人だまし合い合戦」(総選挙)で「共同変身動物連合」(左派陣営)に3回勝利した後は、いずれも彼が動物頭(首相)になった。自身はよく変身(財界から政界に転身、首相在任中に整形手術)するだけでなく、葉っぱのお金のおまじない(減税政策)で人間をたぶらかす。
 タヌキ(フィーニ=国民同盟党首、下院議長)は、もともとは暗い山里(ネオ・ファシスト)の出身である。しかし、変身(穏健保守化)して、ルックスがよく、知性的で、人里に出ても恥ずかしくない姿になった。キツネに比べると派手な言動ではなく、オオカミほどは危険でないので、特に古い保守的な南の村(南部)では人気がある。今回、仲間のタヌキ(アレマンノ元農相)を「羅馬」という大きな集落の長(ローマ市長)にした。
 オオカミ(ボッシ=北部同盟党首、改革相)は、何でも噛みつく危険な動物である。もともとは、北の村で生まれ、北の村(北部)と南の村(南部)をケンカさせ(分離主義)ようと、南の村人に噛みついたり、南の畑を荒らしたり(補助金カットを要求)していたが、今ひとつだったので、噛みつく相手を変えた。今では、北の村人の中に、よそ者(移民)に噛みつくのが小気味いいとオオカミを可愛がるものも多い。
 キツネはタヌキもオオカミも必要としているが、両者を使い分けている。北の村でオオカミ、南の村ではタヌキの力を借り、合戦での副大将(副首相、外相、下院議長)などは落ち着いたタヌキにさせ、攻撃的なオオカミには好きなエサ(連邦主義、移民制限)を与えている。そうすると、タヌキが文句をいいそうだが、そのときは、お前には暗い過去(ネオ・ファシスト)があるではないか、お前がそこまで人里に出てくる(穏健保守化に成功する)には、俺の助けもあったからだろう、と説き伏せる。オオカミはやたらめたら噛みつくので、本当に危ないと思ったら、キツネがなだめる。
 共同変身動物連合(左派連合)では、2度キツネに勝った、ぽっちゃりとしたブタさん(プローディ前首相=「モルタデッラ」=ハムの一種=のニックネームあり、いくらなんでも「ブタ」では蔑称なので、「さん」づけする)が村人に節約術(財政再建)を教えていたが、ブタさんの仲間たち(中道派)といっしょに変身しようというロバ(ヴェルトゥローニ・民主党書記長、旧左翼民主主義者、前ローマ市長)と、猪突猛進で変身しようとしないイノシシたち(左翼・虹連合、旧共産系4党)の対立に苦しんで、辞めてしまった。イノシシたちは、自分たちだけで合戦に突入して全滅した。ロバは仲間たちと変身に成功したが、合戦で仲間の数が減ってしまった。ロバは自分がやっていた羅馬集落の長の仕事もブタさんの仲間(ルテッリ前・副首相、元ローマ市長)に譲ろうとしたが、タヌキの仲間に負けたので、その点でも責められている。
 村人は、タヌキの腹黒さやオオカミの危険性などは薄々感づいているのだが、キツネがなんとかまとめてくれるだろう、ブタさんはマジメだけれど小遣いもくれなかったし、と思って、また、キツネを動物頭に選んでしまった。
 はて、これで分かりやすくなっているかな?

|

« (学術書として)大ヒット発売中! | トップページ | プレスティジャコモ環境相来日 »