« イタリア新内閣閣僚名簿を読む | トップページ | ここ2ヶ月のわが「イタリア」教育 »

私的物価指標(3)

 前に2回書いた近所のスーパーでの「日清カップ焼きそばUFO」による物価調査。スーパーでは先週再び158円の最高値を記録。ガソリン税復活のせいか?そう単純な連関性でもないか。
 コンビニでは、値上げでの消費減の埋め合わせか、普通版を売らず、逆に大判だけを198円で売って利益確保をしている。しかし、大判だからといって余計に出すだろうか。コンビニの場合、売り場での商品の選択権はコンビニ優位だから、むしろコンビニ側から利益を出さないと置きませんよとプレッシャーをかけられているのかもしれない。
 コンビニでは、カップヌードルも168円、シーフードヌードルも158円。これ以上だと誰も買わないだろう。企業は十分努力していると思うのだが、今でも高いと思うほど、われわれは安いものに慣れすぎてしまった。
 最近、仕事で遅く帰ることもあって、24時までやっているディスカウントストアに入る。生活が安定してから行っていなかったが、やはり庶民の味方だ。カップヌードル1コ税抜きで100円を切る。もちろん、賞味期限はスーパーより短いものだが、即席麺で新鮮さを求める人はいない。
 ところでビジネスソックス1足・税抜き79円って、どうやって作っているの?買うべきか、迷った。

|

« イタリア新内閣閣僚名簿を読む | トップページ | ここ2ヶ月のわが「イタリア」教育 »