« 人生に「イベント」はなくていい | トップページ | いまどき、B級グルメ »

追憶の「コクヨ シカ-30」

 学生に文献カードの書き方を教えるために、自分が学生時代に作ったカードを取り出す。すべて「コクヨ シカ-30」という商品番号の5×3カードである。片面が5ミリ方眼、片面が見出しつき8行の罫で、文献カードにもアイディアカードにも使いやすかった。澤田昭夫先生の『論文の書き方』を見本に作り始めたわけだが、数年前にこのカードは文房具店の店頭からは消えた。(文房具店で注文すれば、まだ買えるようである)

 まだ1千枚くらいは手元に残してあるが、日常使うのはもったいなく、未完の博論関係だけに使っている。自分で持っている文献の整理は、カードを書くのがしんどくなって、本はファイルメーカーを使い始めた。

 同じ大きさのカードは他社にもあり、それは今も文具店で売っているが、罫の組み方や幅や色が気にくわなかったりして、どうしても使う気にならない。コクヨの5×3カード、発注して買いだめしようか?。どうも、私的には質のよいほうの商品が小売りの段階で消えていくのが納得できない。

|

« 人生に「イベント」はなくていい | トップページ | いまどき、B級グルメ »