« メタボ検診に関する各党見解 | トップページ | 来年のサミット議長は、あの人 »

よく分からない+個別争点+不安感=否決?

 アイルランドの国民投票でEUのリスボン条約が批准否決。BBCニュースでは、まずこの法律的議論の分かりにくさへの反発を紹介、ほかに、中絶を合法化するのでは(カトリック国)、中立政策が崩されるのでは(中立国)、というEUの本質でない個別議論と、現状への漠然とした不満・不安感の合算という。
 とすれば、論点も集中していないものを国民投票(イエスかノーが明確に言えないといけない)に、憲法で定めているからと、かけてしまったことになる。NOの投票者の心理が多様で、しかもどこかつかみどころのないものとすれば、再投票などで改善できる可能性も少なくなる。
 アイルランドの国内政治も勉強し直さないと、やはり理解が難しい。今の時点では、どこの国でも国民投票ならうまくいかなくなるという感じだけはあるのだが。

|

« メタボ検診に関する各党見解 | トップページ | 来年のサミット議長は、あの人 »