« ついに出た「イタリア史」 | トップページ | 金沢の文化力 »

Community organizer

 アメリカの共和党大会で、大統領候補のマケインと副大統領候補のペイリンが揃って揶揄したオバマ氏の議員になる前の経歴が「コミュニティー・オーガナイザー」。確かに公務でも民間企業でもなく、苦しい表現である。州議会議員時代に多数の議決で賛否を明確にせず、単に「出席」と記録されていることもマケインに指摘された。上院議員時代にこれといった立法の経験もないことも二人に指摘された。
 主婦から市議、市長、そして同じ党の現職知事に勝ったというペイリン、単なる印象だが、怖いくらいのたたき上げの迫力だ。PBSのコメンテーターが映画になったエリン・ブロコビッチ(P&Gに巨額の和解金を支払わせる裁判を率いた法律事務所事務員のシングル・マザー)にその人生を例えていた。

|

« ついに出た「イタリア史」 | トップページ | 金沢の文化力 »