« 静岡で、気づく | トップページ | EUが海賊に対する »

静岡で、中国茶

 おとといの日曜日、学会終わりの夕刻に、静岡市街を少し散歩した。ホテルは南口なので前日には分からなかったが、静岡の繁華街は北口にある。その中心の呉服通りを歩いているうち、商店街の2階にチャイナ・カフェがあったので、入ったが、お茶、飲茶ともとてもおいしかった。店名をfu-chaというところだ。お客の多くは若い女性だが、男性も少なくなかった。

 中国や台湾のよい茶でよく使う、おちょこのような小さな茶碗で飲む澄んだ黄色のお茶はとても洗練されていたし、小籠包や綿菓子のように皮が柔らかなお饅頭もとてもおいしかった。デザートの杏仁豆腐もタピオカ入りで美味。

 外の商店街では、ストリートのお祭りで、各種のテーマのある露店や大道芸もやっていた。やはり、それなりの規模と歴史のある町ですね。その意味で商店街には活気があった(よくある地方都市のようにシャッター通りではない)が、目抜き通り3本ほどを外れたところでは、ガイドにある和食の店などが閉店しているものもあった。

|

« 静岡で、気づく | トップページ | EUが海賊に対する »