« 2009年の記念行事(3) | トップページ | 果たされぬペーパーレスの夢 »

2009年の記念行事(4)イタリア編

 昨日、ようやく来年2009年の記念切手発行計画が明らかに。そこにはイタリア政治研究者待望の二人が。

ルイジ・ストゥルツォ師(キリスト教民主党の前身、人民党創始者)没後50年(10月発行、日は未定)

ノルベルト・ボッビオ(政治学者、終身上院議員、2004年没)生誕100年(10月16日発行)

なお、イタリアでもダーウィン生誕200周年記念(2月12日発行)が出ます。

ボッビオは私たちにとって神のような存在です。邦訳『イタリア・イデオロギー』(馬場康雄・押場靖史訳、上村忠男解説、未來社)を読まずして、イタリア政治は語れません。

|

« 2009年の記念行事(3) | トップページ | 果たされぬペーパーレスの夢 »