« EUが海賊に対する | トップページ | 欧州連合・艦隊? »

新型マックブックを買うべきか

 駒場の院生時代に触れたコンピュータがマックだった(会社員時代のPCはウィンドウズですらないDOSだった)ことから、個人用のノートはずっとマックである。共同研究の合宿で仲間たちがずらっとパナソニックのLet's Noteを並べても、その堅牢さ(確かに2本の堅い柱が入って壊れにくそうだ)にもかかわらず、そのデザインの悪さ(御免!)にどうしても買う気になれなかった。実家に帰ると3人の工学士がいて、みな車の性能の話をするが、私は自分で買うなら、いちばん気にするのは色とデザインだ。今の工業製品は私の技能水準(いまだに携帯のカメラでズームができず、笑われた)のはるか上にあり、性能には不満がない。
 しかし、マックブックを去年の引っ越し時に壊し、離職後の財政難のなか、新品をローンで買った(その後、今の仕事を得て、完済した)のだが、その新品もポリカーボネート樹脂の弱さと角の部分が弱い欠陥から、持ち運んでいるうちにヒビができて、左右両側をセロハンテープで留めている状況である。性能には文句なく、1回もクラッシュしていない。
 ところが、新しいマックブックの購入はボーナス支給後も迷うだろう。見本を見てきたが、デザインは最高にいい、函体もアルミの一枚板で、角は継ぎ目がなくなり強固。しかし、新型のパッドがボタンがなくなり、すべてが指操作で1本から4本まで指の数で操作が違い、新しい操作を覚えなければいけないが、習得できても誤操作が怖い。i-phoneも同じ理由で買わなかったのだ。変えてほしいのは、そこではなかったのだが。

|

« EUが海賊に対する | トップページ | 欧州連合・艦隊? »