« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

神保町カレー考

 数日前、テレ朝の「シルシルミシル」という蘊蓄番組で「カレー激戦区、神保町のカレー店のお初はどこか」という内容のルポがあり、録画して見た。神保町のいろいろなカレー店に行って、そこよりも古い店を紹介してもらい、最も古い店を探す(最後に、実はその店はカレー通ならみんな知っているという落ちがつくが)という原始的な方法ながら、それによって色々な店を紹介する形をとっていて、私の知らない店もあって面白かった。
 神保町で現在も営業しているカレー店で最も古い店は、私もよく行く「スマトラカレー・共栄堂」で、大正13年(1924年)創業という。今回ネットで調べて、カレーを注文した人だけが食べられる「焼きリンゴ」もこの店の名物メニューと知った。看板に書いてあったのだが、全然気づかなかった。今度、注文してみよう。
 そこで気になったのは、昔から文化の町だった神田神保町でカレーはいつから食べられたかということだ。カレーマニアも多いネット上にはいろいろ情報があり、wikipediaでも日本のカレー料理の沿革がある。日本の洋食店で初めてライスカレーをメニューに載せたのが「風月堂」だという話は知っていたが、「ライスカレー」の語の初出はそれより古い札幌農学校のクラーク博士だという。レシピは明治初年には伝わっていたようだ。
 その後の過程をみると、神田界隈はカレー史の宝庫である。最初のカレールウを作ったのが、神田の「一貫堂」、初めて廉価のカレーライスを提供したのが、神田の「須田町食堂」。この「須田町食堂」のカレーが大正13年というから、共栄堂と同年なのであるいは前身かと思ったが、どうも関係はないようだ。分かったのは、直接関係するのか、リスペクトした名前なのかよく分からないが、現在は秋葉原に「須田町食堂UDX店」という店(「聚楽」グループの店のようだ)があることだ。いずれにしても共栄堂が日本の廉価カレーの最古参の一つであることは間違いない。
 昭和に入って、「新宿中村屋」と「資生堂パーラー」が高級カレーを、大阪の阪急百貨店が廉価のカレーを提供するようになるが、いずれにしてもハイカラな料理であったことが分かる。前2者は、荷風などがよく行っていたのではなかったか。
 私の祖父は昭和初期に専修大学の予科(現在の教養課程に相当)、祖母は共立女子専門学校(現在の大学の前身)で学んでいて、この界隈にいた。祖父は貧しく大学本科には行けず(それでも当時の田舎では予科修了でもインテリであったが)、お金のある級友が喫茶店に入ると水だけを飲んだり外で待っていたりしたという。祖母は大店のお嬢さんで十分な仕送りを得ていたので、カレーでも何でも食べれただろう。祖父がカレーを食べれたかどうか、生前には聞けなかった。もう神田に祖父母の時代のものは何も残っていないと思っていたが、この町でずっとカレーが食べられてきたかと思うと、もっと知りたくなった。
 上記の記述で不確かな部分が詳しく分かれば、また書いてみたい。

|

鹿児島県阿久根市

 鹿児島県阿久根市の竹原市長が、自身のブログ「さるさる日記:阿久根時事報」で「辞めてもらいたい議員」投票を呼びかけたなどとして市議会が不信任案を可決後、議会を解散し、その市議選で反市長派が勝利したことで、追い詰められている。市長本人は日記という意識のようだが、いずれにしても、ブログでのマナーという前に、議会との分権の意識も欠けていて、不用意すぎる、と思った。
 ところが、実際にこのブログを読むと、市長自らが市役所職員の給与を公開して、その高給ぶりを告発したり、市議候補に税金未納で当選しても市議給与を差し押さえられる者がいるなどと気になる記述もあり、これが仮に事実だとすれば(事実でも書いていいかどうかは別として)、市役所や市議にもモラルの問題がありそうだ。市議からの反発の背景には、市長による市議の削減提案もある。市長のブログには、こうした背景までは言及しないメディアや、現実の政治に関わろうとしない政治学者にも厳しい言葉がある。
 このニュースが気になったのは、この地名が頭にあったからで、最近、ビジネスニュースでひっぱりだこの「A-Zスーパー」という24時間営業の超大型スーパーがある町だったからである。不便な土地に逆転の発想で生鮮食料品から車まであらゆるもの(AからZまで)を売る巨大スーパーを作り、他県からも買い物に来るようになって大成功し、高齢者を雇用したり、送迎ザービスをやったりと好循環で次々と新規のサービスを広げた有名な事例である。
 この二つのニュースには何の関係もないが、情報網に乗ると他県では知られていない田舎の小さな町も有名になってしまう、この時代のニュースの不思議さを痛感する。そして、表面上のニュースだけではなかなか分からない、多くのことが背後にあることも。

|

クイーンズランド州の女性首相が勝利

 このブログで書いたオーストラリアのクイーンズランド州の選挙が昨日行われ、任期前に選挙に打って出た労働党のAnna Bligh首相(48歳、女性)が勝利した。保守派の自由国民党と大接戦が報じられていたが、国際金融危機を前に政策遂行には長期安定政権が必要であるということで、危機がさらに深刻化する前に選挙民の判断を求めた賭けに勝ったのである。この首相は、11年間政権が続いた労働党優位の州とはいえ、前回の州選挙後に前任者から交代した経緯もあり、日本の過去3人の首相同様、就任に際して選挙の洗礼を受けていなかった。
 自らの政権を失うリスクをとりながら、選挙民の判断を仰ぎ、勝つことでより強固な政権を作る、民主主義の原則に帰ると同時に、政治家として自己利益実現も含めて重要なタイミングの意識。規模は違うが、現在の日本政治にないものが全部ある。もちろん、これで危機が克服できる保証はないが、その選択の責任を選挙民と共有しているのである。政治家はこうあるべし。

|

国名の日本語表記の典拠

 いろいろ蘊蓄を書くことも多い私ですが、もちろん知らないことは山ほどあって、「国際関係論」などと間口の広い講義をするために、基本的なことも含めて日々勉強が必要です。一部のジャーナリストの無知を揶揄することもあるのですけれども、もちろん多くの熟練のジャーナリストから教えてもらうことのほうが多くて、表記の件はようやく今日クリアになりました。
 日本国内での外国の国名表記を外務省が決めているのは、よく知られたことですが、その原典が「在外公館名称・位置・外務公務員給与法」という長い名前の法律であることを今日の報道(読売新聞)で知りました。ちゃんとした本には書いてあることでしょうにね。私が知らなかっただけ。長い間、私が実際に頼ってきたのは、外務省監修の「世界の国一覧表」という小冊子だった。
 ロシアと対立を深めるグルジアがロシア語の読み方は嫌だということで、日本語表記を英語などの「ジョージア」にしてほしいと要請しているようです。もっとも、グルジア語では、国名は「サカルトベロ」というらしい。
 フィンランドの「スオミ」、ハンガリーの「マジャール」のようなものかな。そうだとすれば、郵便切手ではそっちに書いてあるはずだけれど、キリル文字読みにくいからね。と、書いた後で、念のために調べてみたら、グルジアは旧ソ連時代にもキリル文字使用とならず、独自の「グルジア文字」を使用し続けているという。ああ、コーカサスについて無知すぎる。

|

PIGS or PIIGS

 二三日前にここで書いた、最近あまり新聞が読めてなかった私が今更ながら気づいた「PIGS」だが、とりあえずWebで検索をかけたところ、記事はほぼすべて2008年で、やはり昨年の世界金融危機の深刻化から特に多く使われだした表現であることがわかった。今年2月のウォールストリートジャーナルの記事でも「投資家たちは、ユーロ圏におけるPIGSの動向を心配してきている」とあるから、一般に広く浸透したのは最近だろう。ウィキペディアでも項目になっているが、引用はやはりすべて昨年のものである。
 もともと財政赤字が多いという基礎条件の悪さに、競争力不足のまま、世界金融危機に突入。当然、各国のユーロ建て債券の信用は下がる、悪影響は共通通貨ゆえにユーロ圏全体に及ぶわけだから、PIGSと呼びたくなる、投資家や他のユーロ諸国の気持ちもわからなくもない。同様の傾向はアイルランドにもあるので、PIIGSとIをダブらせて書くこともあるようだ。

|

マルペンサの運命

 1ヶ月以上、イタリアの政治ニュースを追っていないが、体調もよくないうえに、目先に年度末の様々な仕事があって、手をつけられない。気になるのが、ミラノの国際空港マルペンサの運命。1月にイタリアに行ったときは、中道右派政権内で、アリタリアの延命を図るためにエールフランスとの提携を進めるベルルスコーニ首相周辺と、その案だとミラノ発の遠距離路線(東京などの大陸間の大移動の路線)がカットされるとして、ルフトハンザとの提携を推す連立与党の北部同盟が対立をしていた。首相優位で動いているようだが、まだザッと見た見出しの印象ではくすぶっているような感じ。(詳細を読んでないので不確か)
 マルペンサというのは、開港以来トラブル続きで、使い勝手もよくない(ミラノの外のヴァレーゼという町にある、成田みたいなものだ)、アメニティもダメで、全然同情の余地が沸かなかったが、たまにミラノで出入国してみようとしてみたのだ。雪で離陸するかどうか心配だったが、アルプスに近い山地なので、少なくとも離陸してからの景色はよかった。このブログは写真が少ないので、お目にかける。P1010022

|

PIGS

 しばらく海外出張や帰国後の体調不良もあって、新聞、特に経済関係の記事を読んでいなかった。今になってようやく、世界金融危機下で、ユーロ圏の中でも信用不安がある南欧4ヶ国(ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペイン)の総称として、PIGSという言葉が使われていることを知る。
 いつ頃から使われていたのだろうか。それにしてもひどい言葉(「ブタども」)だ。つい数年前まではスペインがユーロ経済のスターで、確かに住宅バブルがはじけたのだろうけれども、本当にそんなに深刻だろうか。言葉のニュアンスもあるけど、かなり偏見もあるような。ちょっと自分なりに勉強してみないと、この表現が正しいかどうか、まだ判断できない。

|

ベルルスコーニと日本アニメ

 1989年に初めてイタリアに行ったときには気づかなかったが、90年代後半から現地で日本アニメを見る機会が多くなった。「北斗の拳」「キン肉マン」「キャプテン翼」などの輸出は有名だが、私が初めて見かけた日本アニメは「プロゴルファー猿」。藤子不二雄A先生(どうでもいいことだが、私と小学校から高校まで同じ大先輩である)の名作ではあるが、特殊な設定のアニメなので意外だった。
 この1月にも、なにやら宮廷のようなところでイケメン同士がお姫様をめぐって争う?(うる覚えで不正確な要約)アニメが放送されていて、エンドロールで日本語が出てきて、ようやく日本製アニメと気づいた。映画や写真は好きだが、アニメはめったに見ない(子供の頃は初期アニメの黄金時代だったが)私には今のアニメは分からない。ただ、日本アニメが放映されていたのは、すべてベルルスコーニ首相が事実上のオーナーであるメディアセット社系列の民放3局のいずれか(これはイタリアの国営3局に対する民放主要3局であることと同義である)であった。
 今朝の日経の「交友抄」で日本アニメを世界に広げた滝山雅夫氏が現地スタッフとの交友を書いておられるが、それによれば、ディズニーが国営放送のRAIと契約済みで、コンテンツ不足のベルルスコーニ陣営が日本アニメに関心を示したのだという。こういう事情があったのね。

|

セカンドライフのその後

 2,3年前に大評判だったネット上の仮想空間「セカンドライフ」についての記事を最近読まなくなったと思っていたら、今朝の日経文化面にそれに関するシンポジウムの記事が出ていた。企業などが思ったほどの効果がなく撤退を始めているという。
 このブログでも、イタリアの政党にもセカンドライフに進出したものがあるということで書いたことがあるが、結局、ハイスペックなコンピュータでないと使いづらい、参入にはお金もかかると聞いて、私自身は参加を諦めた。私生活が動いてそれどころではなかったこともあるが、一時期、本屋でもガイドブックが平積みだったあの熱気は何だったのかと思う。
 予算委員会で献金問題を質問していた民主党の鈴木寛参議院議員のセカンドライフ上の事務所はまだあるのかな?

|

定額給付金を(勝手に)NPO支援金に

 1人あたり1万2千円(18歳以下と65歳以上は2万円)の定額給付金を受け取るか、受け取らないか。そして受け取るなら、どう使うべきか。一応、政治学「も」講じる広義の政治学者である私も自分の考えを持っておかねばなるまい。
 少なからぬ人々が述べているように、現在の政策に反対、ということで受け取らないのも一つの判断である。しかし、その場合は、反対している当の政府に使途を委ねることになる。財政的な細かい処理について調べていないが、受け取らない国民が福祉に使ってくれれば、と期待しても、今年度予算は給付金とは別にそれぞれ決まっているわけだし、将来的には道路建設に使われるかもしれない。というか、お金に色は付いていないので、単にお金として国に残るか、国の個々の予算にそれぞれに少額ずつ使われると考えるほうが合理的だろう。例えば、左派の人で給付金を受け取らない人は、結局、国の予算のそれぞれの部分を少しずつそのままで政府に任せるということになり、ほんの少しの抵抗もあきらめることになる。
 つまりは、自分の税金を少し取り戻し(財政的には出所が違うという細かい議論はやめておく)、自由に使っていいことにされたと考えてはどうだろうか。そこで考えたのが、数年前に日本でも報道された、ハンガリーの納税1%分を好きな活動(NPOなど)に寄付できるという制度(日本でも参考にしている自治体がある)を個人レベルで勝手にやってはどうか、ということである。お金に色は付いていない。何に使っても分からないのだから。私自身の納税額を計算したことはないが、税金を年間120万円払っている人は、今回の給付金がちょうど1%になる。
 生活支援とか景気刺激という給付金の趣旨には反するので、ある意味、政府に批判的な態度といってもよい。ただ、よくよく考えてみると、景気悪化でNPO等への寄付も減っているであろうから、NPOを救済するという意味もあるかもしれない。
 私としては、自分の生活がママならぬ時期にできなかったNPOの勉強を少ししてみる、という考え方で、この給付金を使ってみようと考えた。だから、はっきり、ぶれずに「受け取ります」と言おう。

|

日本の技術の「ガラパゴス化」

 オーストラリア滞在中に地元の携帯会社テレストラのノキア製携帯電話を使った。滞在中のみの使用なのでいちばん安いカード式携帯電話を買ったのである。わずか79豪ドル。日本円で5千円を切る。手のひらに収まるくらいの小さな平らな電話。でもこれで写真もとれるし、メールも(当然、欧文のみだが)できる。
 日本で使っている携帯も持って行った。買って一年、まだ機能が覚えきれない。i modeなどのために画面を大きくとるためには、どうしても日本で主流の折りたたみ式しかない。でも、本当は、私は電話が鳴ってすぐ出られる平らな電話機のほうが好きだ。日本の携帯は、開くときに開くサイドをよく間違える(開かない方を開こうとしてしまう)し、つくづく機能が多すぎると思う。
 このことを考えるのに格好の論考を日本に帰ったら着いていた『学士会会報』に見つけた。三木雄信氏の講演記録「複雑系科学から考える日本企業のガラパゴス化」である。(ちなみに七帝大卒でない私が学士会に入会しているのは、大学院に在籍していたからで、就職に役立つかと考えたからでもある)
 つまり、いくら日本の技術が進んでいるからといって、日本国内のマニアックな市場の志向性に合わせて進化していくと、世界の市場に合わない孤立化した技術になってしまう、ということである。世界の人々は日本人のように細々としたことをするためにゴテゴテとした機械を使わないのではないか、そういった見極めが出来ないから、携帯でノキアやサムソンに全然敵わなくなってしまったのではないか、ということだと理解した。
 自分が世界標準だと言うつもりはないが、われわれは細かいことにこだわり過ぎて、世界の中で「一億総オタク」化しているのではないか、と思う。

|

ロンドンのO2ドーム

 朝方の芸能ニュースでマイケル・ジャクソンがロンドンのO2ドームで久しぶりの連続ライブを企画していると聞いた。少し驚いたのは、会場であるO2ドームの画像を見たときで、これは、このブログの親サイト「やそだ総研」でも写真ギャラリーで紹介しているミレニアム・ドーム(グリニッジにある)だったことだ。西暦2000年の博覧会自体、民間活用というが、かなり変な博覧会だった(「やそだ総研」の「ギャラリー」記事参照)が、その後、エンターテイメント興業会社のAEGという会社に命名権と営業権を売り、現在の名前になり、外側のドーム以外の内装を総取っ替えしたようだ。自由化、民営化の進んだイギリスらしいお話であるが、結局ライブ会場にするなら、もともと何のために作ったのかな、という感じもする。いろいろ考えていたけど、やっぱり金がとれなきゃ維持できないでしょ、という、ダメな「新自由主義」の代表のような。

|

輸入したいオーストラリアの面白番組

 オーストラリア滞在中に見た傑作のテレビ番組が、9チャンネルの「Aussie Ladette to Lady」(オーストラリアのお転婆娘をレディーに)という番組。ちょうど、滞在中に開始され、この後、毎週続くようだ。オーストラリアの男勝りのお行儀の悪い若い女の子たちをイギリスのレディー育成学校に入れて教育していく実録モノだ。オーストラリア各地から、男並みに働く体もたくましい女性鉱夫、不幸な過去を持つが過剰サービスぎみのストリッパー、男たちと飲み歩きゲップを大きな音を立ててするやんちゃ娘、などなど。迎え撃つは、いかめしいメガネの校長先生、相撲取りのような体格の料理の先生、ほかにマナーの先生もいた。
 とにかく、オーストラリア娘たちはすぐに脱線しようとするが、イギリス人の先生たちから厳しく指導される。毎週、1人が学校から追放される。ただ、追放者の選び方は、面白いだけでなく、教育的に参考になる。
 番組では、禁酒の誓いを再三破った学生や、パーティーの練習のために呼んだイケメン紳士について行こうと脱走を図った学生などが、先生に呼びつけられ反省させられる。ところが、実際に追放されたのは、派手な失敗をした学生ではなく、狩猟に行く紳士への飲食サービスで、まったく紳士に飲食を勧めなかった消極的な学生だった。
 つまり、何かをやって失敗したり、やりすぎて失敗した学生よりも、目立った失敗はしないが、何も自分から働きかけない学生のほうを怠惰だとして切ったのである。
 エンターテイメントとしてもよくできていたが、マナーの達人たちの、長い風雪に耐えた人間観に学ぶところもある、面白い番組であり、格好の英豪比較文化実験でもある。
 DVDが出たら、日本と規格が違っても、とりあえず入手したい、と思うほど面白かった。

|

クイーンズランド州首相の決断

 オーストラリアのクイーンズランド州は労働党政権が11年続き(中道左派が強いところもカリフォルニアっぽい)、選挙の洗礼を受けていない現役の女性の州首相Anna Bligh氏が世界的金融危機を前に、2月に州選挙の前倒しを決断。全国的にも注目を集めている。経済が最悪になる前に延命を図ったという見方もあるが、金融危機対策をじっくり行える政権を作れるということで一定の説得力を持っている。野党の保守派(自由国民党)も政権交代を目指し、追い上げ、直前の世論調査では、42%対43%で、五分五分。投票は3月21日。
 日本政治にも示唆するところ、多し。

|

オーストラリアのヴェネツィア?

 ブリスベンには、ブリスベン川が蛇のようにうねりながら流れている。この上を走るのが、水上バスであるシティー・キャット(City Cat)。Catはcatamaran(双胴船)という船の船体の略で、中型くらいだが、結構な人数が乗れる船である。
 この水上バスの片方の終点がクイーンズランド大学で、中心街のすぐ前にある停留所のNorth Quay(「ノース・キー」と現地では発音している)に出られるので、滞在中よく利用した。
 うねる川の形といい、水上バスとしての使用といい、ヴェネツィアを思い出した。船はブリスベンのほうが大きい。

|

オーストラリアのカリフォルニア

 学生を引率して3週間の語学研修にオーストラリアのクイーンズランド大学に行ってきた。このブログの独自ルールに従い、学内事情や学生のことは書かない。ただ、私が滞在中にオーストラリアの政治や社会で気づいたことは書こうと思う。
 なんと言っても、学生の安全優先で事実上24時間対応、土日もそうである。しかし、3週目には学生も落ち着いてきて、何かこの街を知る機会はないかと探して、地元のブリスベン市の将来を考えるというシンポジウム(ブリスベン・インスティテュートとクイーンズランド大学の共催)を聞いた。クイーンズランドがニュー・サウスウェールズから離れて今年で150年、では50年後の2059年にはどうなっているかという未来予想で、バイオテクノロジーや都市工学の教授たちが話していた。
 会場はブリスベン市内の歴史ある建物、カスタムズ・ハウス。ブリスベンはオーストラリア第3の都市ながら、亜熱帯に属し、水不足というネックを持つ街だが、それも日本でも企業が中東に進めている海水の利用技術の進歩でなんとかなるとか、理系研究者たちの楽天的な報告が目立った。
 しかし、ナノ・テクノロジーを語った教授が中国系だったように、アジアからの移民も多いこの街で、大学はアメリカのカリフォルニア州の諸大学のようにハイテク理系大学を志向しているように思えた。アメリカの東海岸に対するところの西海岸が、ここは季節が真逆の南半球ゆえ、南岸(シドニー、メルボルン)に対するところの北岸(ブリスベン)ということになっているのではないか、と思った。
 実際、住居の安さ、郊外のマリン・スポーツなどレジャーの充実から、人口は南から北に移っているようである。まさに、彼らが自称するところの「サンシャイン・ステート」。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »