« マルペンサの運命 | トップページ | 国名の日本語表記の典拠 »

PIGS or PIIGS

 二三日前にここで書いた、最近あまり新聞が読めてなかった私が今更ながら気づいた「PIGS」だが、とりあえずWebで検索をかけたところ、記事はほぼすべて2008年で、やはり昨年の世界金融危機の深刻化から特に多く使われだした表現であることがわかった。今年2月のウォールストリートジャーナルの記事でも「投資家たちは、ユーロ圏におけるPIGSの動向を心配してきている」とあるから、一般に広く浸透したのは最近だろう。ウィキペディアでも項目になっているが、引用はやはりすべて昨年のものである。
 もともと財政赤字が多いという基礎条件の悪さに、競争力不足のまま、世界金融危機に突入。当然、各国のユーロ建て債券の信用は下がる、悪影響は共通通貨ゆえにユーロ圏全体に及ぶわけだから、PIGSと呼びたくなる、投資家や他のユーロ諸国の気持ちもわからなくもない。同様の傾向はアイルランドにもあるので、PIIGSとIをダブらせて書くこともあるようだ。

|

« マルペンサの運命 | トップページ | 国名の日本語表記の典拠 »