« 定額給付金を(勝手に)NPO支援金に | トップページ | ベルルスコーニと日本アニメ »

セカンドライフのその後

 2,3年前に大評判だったネット上の仮想空間「セカンドライフ」についての記事を最近読まなくなったと思っていたら、今朝の日経文化面にそれに関するシンポジウムの記事が出ていた。企業などが思ったほどの効果がなく撤退を始めているという。
 このブログでも、イタリアの政党にもセカンドライフに進出したものがあるということで書いたことがあるが、結局、ハイスペックなコンピュータでないと使いづらい、参入にはお金もかかると聞いて、私自身は参加を諦めた。私生活が動いてそれどころではなかったこともあるが、一時期、本屋でもガイドブックが平積みだったあの熱気は何だったのかと思う。
 予算委員会で献金問題を質問していた民主党の鈴木寛参議院議員のセカンドライフ上の事務所はまだあるのかな?

|

« 定額給付金を(勝手に)NPO支援金に | トップページ | ベルルスコーニと日本アニメ »