« 鹿児島県阿久根市 | トップページ | G20+4? »

神保町カレー考

 数日前、テレ朝の「シルシルミシル」という蘊蓄番組で「カレー激戦区、神保町のカレー店のお初はどこか」という内容のルポがあり、録画して見た。神保町のいろいろなカレー店に行って、そこよりも古い店を紹介してもらい、最も古い店を探す(最後に、実はその店はカレー通ならみんな知っているという落ちがつくが)という原始的な方法ながら、それによって色々な店を紹介する形をとっていて、私の知らない店もあって面白かった。
 神保町で現在も営業しているカレー店で最も古い店は、私もよく行く「スマトラカレー・共栄堂」で、大正13年(1924年)創業という。今回ネットで調べて、カレーを注文した人だけが食べられる「焼きリンゴ」もこの店の名物メニューと知った。看板に書いてあったのだが、全然気づかなかった。今度、注文してみよう。
 そこで気になったのは、昔から文化の町だった神田神保町でカレーはいつから食べられたかということだ。カレーマニアも多いネット上にはいろいろ情報があり、wikipediaでも日本のカレー料理の沿革がある。日本の洋食店で初めてライスカレーをメニューに載せたのが「風月堂」だという話は知っていたが、「ライスカレー」の語の初出はそれより古い札幌農学校のクラーク博士だという。レシピは明治初年には伝わっていたようだ。
 その後の過程をみると、神田界隈はカレー史の宝庫である。最初のカレールウを作ったのが、神田の「一貫堂」、初めて廉価のカレーライスを提供したのが、神田の「須田町食堂」。この「須田町食堂」のカレーが大正13年というから、共栄堂と同年なのであるいは前身かと思ったが、どうも関係はないようだ。分かったのは、直接関係するのか、リスペクトした名前なのかよく分からないが、現在は秋葉原に「須田町食堂UDX店」という店(「聚楽」グループの店のようだ)があることだ。いずれにしても共栄堂が日本の廉価カレーの最古参の一つであることは間違いない。
 昭和に入って、「新宿中村屋」と「資生堂パーラー」が高級カレーを、大阪の阪急百貨店が廉価のカレーを提供するようになるが、いずれにしてもハイカラな料理であったことが分かる。前2者は、荷風などがよく行っていたのではなかったか。
 私の祖父は昭和初期に専修大学の予科(現在の教養課程に相当)、祖母は共立女子専門学校(現在の大学の前身)で学んでいて、この界隈にいた。祖父は貧しく大学本科には行けず(それでも当時の田舎では予科修了でもインテリであったが)、お金のある級友が喫茶店に入ると水だけを飲んだり外で待っていたりしたという。祖母は大店のお嬢さんで十分な仕送りを得ていたので、カレーでも何でも食べれただろう。祖父がカレーを食べれたかどうか、生前には聞けなかった。もう神田に祖父母の時代のものは何も残っていないと思っていたが、この町でずっとカレーが食べられてきたかと思うと、もっと知りたくなった。
 上記の記述で不確かな部分が詳しく分かれば、また書いてみたい。

|

« 鹿児島県阿久根市 | トップページ | G20+4? »