« PIGS | トップページ | PIGS or PIIGS »

マルペンサの運命

 1ヶ月以上、イタリアの政治ニュースを追っていないが、体調もよくないうえに、目先に年度末の様々な仕事があって、手をつけられない。気になるのが、ミラノの国際空港マルペンサの運命。1月にイタリアに行ったときは、中道右派政権内で、アリタリアの延命を図るためにエールフランスとの提携を進めるベルルスコーニ首相周辺と、その案だとミラノ発の遠距離路線(東京などの大陸間の大移動の路線)がカットされるとして、ルフトハンザとの提携を推す連立与党の北部同盟が対立をしていた。首相優位で動いているようだが、まだザッと見た見出しの印象ではくすぶっているような感じ。(詳細を読んでないので不確か)
 マルペンサというのは、開港以来トラブル続きで、使い勝手もよくない(ミラノの外のヴァレーゼという町にある、成田みたいなものだ)、アメニティもダメで、全然同情の余地が沸かなかったが、たまにミラノで出入国してみようとしてみたのだ。雪で離陸するかどうか心配だったが、アルプスに近い山地なので、少なくとも離陸してからの景色はよかった。このブログは写真が少ないので、お目にかける。P1010022

|

« PIGS | トップページ | PIGS or PIIGS »