« ワーク・ライフ・バランス | トップページ | Alice De Gasperi »

欧州議会選挙のCM

 例によって、自宅への光導入(いまさら)によって便利になったYou Tubeネタ。
 欧州議会選挙は、投票率がさらに下がるのではないかと心配されている。ユーロ導入、東方拡大のユーフォリアはとうに去り、EUのせいとはいえないが、世界金融危機は、グローバル化のお先棒を担いでいるという見方をされ、EUにとってもマイナス。前回選挙でも顕著だった最近の加盟国での加盟後のがっかり感もある。ちょっと好転したのは、今年ユーロに入って隣国ハンガリー(EU加盟国だがユーロ未参加)で安くものを買えるようになったスロヴァキアくらいじゃないかな?
 しかし、投票率を上げようとEU内で流されているCMはやはり面白い。ドラマと同じで初見でないと面白くないかもしれないので、先にリンクだけつけて、思わせぶりの仮題を私なりに勝手につけると、
1.不思議な投票者
2.お急ぎの皆さん
3.素直な銀行強盗
4.ありえない政策実現
ということだろうか。以下は、ネタバレ。

1.は、なぜか女性が絶叫しながら投票所に入ってくる。絶叫したまま、投票して出ていく。次に入ってくるのは、ホラー映画「エルム街の悪夢」のジェーソンのような覆面に斧を持った男。これが、先の女性を追いかけていたと知れる。最後にキャプション「いつだって、投票する時間はあります。」
2.はヨーロッパに多い、自転車レース。先頭の選手が突如、道を逸れ、投票所に駆け込み、続く選手も次々に投票に入ってくる。最後にやはり「いつだって、投票する時間はあります。」
3.は銀行強盗が仕事の帰りか、急いで車で投票所に乗りつけるが、係員にIDの提示と覆面の中を見せるように言われ、素直に見せて、投票したところで表に警察がやってきて、他の出口から逃げる。最後に「いつだって、投票する時間はあります。」
4.は異なるシリーズで、各国バージョンがあるが、いろいろな普通の市民がニュース・キャスターになって、自分が希望する(現状ではあり得ない)政策が実現したというニュースを読む。「ヨーロッパ最後の原発が停止しました」「雇用を守るため、EU域外からの輸入は全面禁止されました」「父親は2年間の育児休暇をとることになりました」「幼児労働により作られた製品の販売は禁止されます」最後に「ここに出てきたものは本当のニュースではありません。あなたが何かを実現したければ、投票を」。これらは、もちろん架空でも、現実に欧州でどこかの政党が言いかねないことだ。
 いずれにしても、やはり大人というか、洗練されている。日本の衆議院選も、可愛いモデルなどにただ「投票しよう」と言わせるようなCMにはせず、工夫してほしい。

|

« ワーク・ライフ・バランス | トップページ | Alice De Gasperi »