« 100歳のノーベル賞受賞者の本の邦訳 | トップページ | 自民党に捧ぐ讃歌?「麻生さんがいてよかった」 »

民主党に捧げる歌:I am DP!(YMCAの節で)

 民主党の復活はあるか。一つお願いしたいのは、これからの選挙戦で、岡田さんが以前党首だったときの「日本を、あきらめない」のようなネガティブなコピーを使わないでほしいことだ。
 イタリアの民主党(PD:左翼民主主義者とマーガレット連合が2007年に合同した中道・左派最大政党)も、先頃ヴェルトローニ党首が辞任して以来、意気が上がらないが、そのヴェルトローニが党首時代に作られた2008年総選挙向けの歌「I am PD」というYMCA(ご存じヴィレッジ・ピープル、西城秀樹の「ヤングマン」)の替え歌がとても楽しい出来だった。ヴァルテル(Walter)というヴェルトローニのファーストネームに呼びかける歌になっているが、YMCAのサビが「みんなで歌おう(Cantiamo tutti insieme)、私は民主党(I am PD.)」になっていた。歌詞は大体、「ヴァルテルと新しい、よい社会を作るのさ、シルヴィオ(ベルルスコーニ)も、ディーニ(元首相、右派に寝返った)も、マステッラ(元法相、連立をつぶした)もいなくていい、われわれが新しい時代を作るのさ」といった感じ。もっとも、この選挙で左派は負けた。
 しかし、日本の選挙というのは、選挙民もくそ真面目なのか、どうも楽しめない。そこで、私が勝手に日本語版を作ってみました。まだ、1題目だけですが。

I AM DP(わたしは民主党)
「民主、さあ、立ち上がれよ。
 民主、さあ、戦おうぜ
 民主、政権とる日が来たのだから

 いま、未曾有の危機が
 いま、そこにあるとしても
 いま、投票しないと、変わらないさ

 みんなで歌おう
 I AM DP(民主)!
 みんなで歌おう
 I AM DP(民主)!
 頻繁に総理が代わる
 自民ではダメさ。

 みんなで歌おう
 I AM DP(民主)!
 みんなで歌おう
 I AM DP(民主)!
 利権と浪費、踏襲するな。
 クリーンな政治に。」

 麻生首相の読めなかった漢字を散りばめて見ました。これは遊びですが、言いたいのは、わかりやすいキャッチフレーズを繰り返すこと、かつ、ちょっとは楽しい、元気の出る宣伝をしてほしい。
 
  
 
 

 

|

« 100歳のノーベル賞受賞者の本の邦訳 | トップページ | 自民党に捧ぐ讃歌?「麻生さんがいてよかった」 »