« 民主党に捧げる歌:I am DP!(YMCAの節で) | トップページ | 私の好きな言葉 »

自民党に捧ぐ讃歌?「麻生さんがいてよかった」

 前項に続き、イタリアの昨年の総選挙に学ぶ?日本の選挙を楽しくする提案。今回は、自民党編。イタリアで自民党の位置にいるのが、ベルルスコーニ。ブッシュを応援した政治家でいまだに無傷なのは、主要国では彼のみ。その彼を応援した歌が、Meno male che Silvio c'e'. (シルヴィオがいてよかった)という曲。ただ、この本歌は、前項のイタリアの民主党のYMCAの替え歌と違い、日本では知られていない曲なので、日本でこれに歌詞が似た曲を探すと、小泉今日子の「あなたに会えてよかった」。では、この替え歌で、

「麻生さんがいてよかった」

 解散(さよなら)さえ、上手に言えなかった。
 ああ、あなたの読みが信じられず、
 あきれていたの。
 時が過ぎて今、心から言える。
 麻生さんがいて、よかったね。きーっと、自民。

 寂しい懐、給付金くれたね。
 連立与党の気持ち、分かってくれたね。
 財源なくて、ただ借金だけで
 積み上げた赤字に気づかない
 子孫が払う
 ずーっと

 役人たち、うまく操れなかった。
 ああ、天下りを抑えられず
 逃げてばかりで。
 時が過ぎて今、心から言える。
 麻生さんがいて、よかったね、きーっと、役人。

|

« 民主党に捧げる歌:I am DP!(YMCAの節で) | トップページ | 私の好きな言葉 »