« 国民審査にも重要な結果あり | トップページ | 高岡よ、変われ! »

国民審査と沖縄

 選挙が終わってから気づいた、最高裁裁判官国民審査と沖縄の関係。yahooで引用された『琉球新報』の記事
 沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故に関する日米協議の文書公開を求める訴訟の最高裁審理(一部公開を求める高裁決定を破棄)に係わった判事の名前が出ている。こうした事件があるとすると、この訴訟には係わっていないとはいえ、外交官(竹内判事)を裁判官にするのは、やはり問題がないだろうか。国際法の専門家も必要なら、学者でもいいはず。
 このような重要な事件があっても、よほど注意していないと、どうしても記憶に残りにくい。アメリカの最高裁判事指名のプロセスを見ていると、むしろ日本の最高裁人事は、もっと政治化して取り上げる必要があると思う。日本ではすぐ、中立性、客観性を装って政治、メディアの不介入を言うが、法を作り執行してきた官僚が複数、裁判官に入っていることは、むしろ、中立性、客観性の意味でも問題があろう。もはや、官僚が中立的とは誰も思っていないのでは。

|

« 国民審査にも重要な結果あり | トップページ | 高岡よ、変われ! »