« 総選挙に関する私的な感想 | トップページ | 国民審査と沖縄 »

国民審査にも重要な結果あり

 最高裁裁判官国民審査の結果に少し驚いた。もちろん例によって全員信任され、罷免を求めるのは数%。ただし、今回は、「一人一票実現国民会議」が新聞に掲載した意見広告(このブログでも紹介)で取り上げた、一票の格差を是認した最高裁判事2人(涌井判事と那須判事)が罷免を求める数が最も多かったのである。
 これまでは、国民には分かりにくい裁判の実績はあまり影響せず、×は最初に名前が掲載されている判事(今回の場合は櫻井判事)がいちばん多いということが多かったはずだ。上記の「国民会議」も実際に罷免させるという個人攻撃でなく、最高裁に国民の意見を伝えるという意味で呼びかけたはず。だとすれば、一定の成果を収めたといえるのではないか。
 これはもっと注目していいことだと思う。

|

« 総選挙に関する私的な感想 | トップページ | 国民審査と沖縄 »