« 入手できたマニフェスト冊子のまとめ | トップページ | 総選挙に関する私的な感想 »

日本版ボートマッチ

 コンピュータ上に次々現れる質問に答えて、最後に集計すると、自分の考えに近い政党を選んでくれる投票支援ツール「ボートマッチ」。マニフェストで各党が政策を明確にしたおかげで、これが日本でも可能になった。読売新聞と毎日新聞のボートマッチを試してみた。
 読売新聞は項目の選択のバランスが取れていて、私の最適政党は民主、社民、共産の順に出た。大体思ったとおりの結果が出た。毎日新聞は、項目が毎日が力を入れている憲法、安全保障、政権の意味などに偏りすぎで、結果も予想外で、私の最適政党は「新党大地」(東京では投票できませんけど)、次が民主だった。
 ボートマッチとしては読売に軍配を上げる。読売は新聞として論調が好きかと言われればノーだが、読売のボートマッチは、本来むしろ毎日がもっと関心を持つべき「夫婦別姓」などの社会的テーマも項目に入っていてよい。ボートマッチはやはりいろいろなテーマでバランスがとれていることが重要。
 読売のボートマッチは2007年の参議院選挙にすでにあった「投票ぴったん」の研究グループの作成らしい。2007年版がまだ残っていたので、当時とどう自分や政党が変わったのか試してみたら、読売とほぼ同じ結果が出た。最適政党は民主の次に新党日本。最も不適は国民新党になった。公共事業が複数の質問で出たからだろうか。

|

« 入手できたマニフェスト冊子のまとめ | トップページ | 総選挙に関する私的な感想 »