« 「不肖・宮嶋」は正しい用法? | トップページ | 車を買わないといけないか »

連休はリスク、喜ぶことをやめよう

 連休がうれしいのは、当然の気持ちだ。この間にいろいろなことが立て直せる。しかし、長いバカンスが取れるヨーロッパ諸国では、国民の祝日はむしろ少ない。ある人が休暇を使わずに貯めすぎると、労使双方がその人を強制的に休ませる(企業は義務を果たすため、労組は権利を守るため)ことすらある。
 日本はたぶん世界のなかで最も祝日が多い国の一つで、国が強制的に日程に入れないと休めないという、むしろ日本の休暇取得の貧しさを語るものであることは、かなり知られてはいる。しかし、ここに来て、新たなリスクが出てきた。
 非常勤など不安定な日銭稼ぎをしているとき、連休のある5月の給料が少なくなり、頼むから仕事をさせてくれ、と思ったことがある。実はそれ以上のリスクは、現在のような病院、医者不足で、休日に病気になったときの心配である。そうでなくとも、みな一斉に休むということから、レジャーも過密、集中という問題がある。
 連休は実はリスクだ、という認識はあるか。民主党政権で休暇の取得は進むか。

|

« 「不肖・宮嶋」は正しい用法? | トップページ | 車を買わないといけないか »