« 千体地蔵、殺生石、生きる | トップページ | 自民党的コミュニケーション »

黒磯

 Nec_0004
 那須湯本に行く途中の鉄道最寄り駅のある町、黒磯。昔の黒磯銀行の建物が文化財に指定されていて、中が「カフェ・ド・グランボワ」というおしゃれなカフェテリアになっている。ランチも紅茶も手をかけたおいしさ。日本の近代建築の特徴のある高い天井、落ち着いた色のシャンデリア、ランプ、精工舎(セイコーの製造部門の前身)の大きな時計(今も動いている)。
 しかし、近くにある和菓子屋「明治屋」の店頭に、「黒磯再生」を訴える記事の切り抜きが。その向かいの商店街は、この町も、シャッター。和食も洋食もおいしいお店があるのに、町はとても静か。惜しい。

|

« 千体地蔵、殺生石、生きる | トップページ | 自民党的コミュニケーション »