« 総選挙報道から | トップページ | 千体地蔵、殺生石、生きる »

犬税

 久しぶりに買ったせいか、AERAの記事が面白い。日本とはかなり違うドイツの犬事情を紹介(内容は営業妨害になるので詳述しない)しているが、そのなかでドイツの地方自治体に犬税があることを紹介している。日本でペットショップの営業が野放しで捨て犬や行政処分が多いなか、安易なペット購入の抑止にもなるとして犬税導入の検討を提案している。これは妙案だ。
 私は、貧困に苦しんでいる人が少なくないのに、街中で犬が多く飼われていることになにか違和感を持ってきた。いろいろな犬をこれだけ世界中から買ってきて養いながら、人間を養えないというのは、どんな国なのかと。犬を飼う余裕のある家には課税してもいいのではないかと。
 また、ヨーロッパについても逆の偏見を持ってきた。オランダで動物愛護党が議席を獲得したとき、彼の地はついに人権から動物の権利にまで行き過ぎた脱線をしているのではないかと。
 誤解だった。ヨーロッパはそれだけ動物には深い配慮をしている。適切な飼育ができず相応しい住居を持っていない人には犬を飼わせない、売らないということもあるようだ。

|

« 総選挙報道から | トップページ | 千体地蔵、殺生石、生きる »