« 車を買わないといけないか | トップページ | 土産物屋の息子の土産 »

やそだゼミで読んだ本、読んでいる本(3)

 新学期の慌ただしいなか、ようやく頭が授業をする体勢に戻ってきた。今年から担当する、コースを選択した2年生に社会科学の手ほどきをする授業で何をやるか考えてテキストに採用したのが、ジャック・アタリ『21世紀の歴史』(作品社)。Attali

 そんなベストセラーを使うなんて、何と安直な、と言われそうだが、理由はそれなりにある。
 実は最初に使おうとしていた本ではない。最初は、ヤーギン&スタニスロー『市場対国家』(上・下2巻、日経ビジネス人文庫)を使おうとしていたのだ。これは、戦後の経済計画やサッチャリズムについてもよい案内になるのだが、必要な部数が集まらなかった。経済学部ではないので、経済史に特化した授業もなく、でも世界金融危機を歴史的に資本主義を振り返る形でじっくり考えたいと思っていて、かつ時事的情報から先を読む練習ということをするためにも、その基盤になる知識や思考、勘の働かせ方を勉強させたいと思った。アタリの本には最初のほうにこのためになるような部分がある。
 社会科学における未来予測というものについても、少し考えて見たかったのが、一つ。若い学生たちにとっては未知のトフラーやセルヴァン=シュレヴェールなどが何で読まれたかも一通り話しておかねばなるまいし、ダンコースやモントゥイユのソ連の崩壊、変質の予測も思い出すし、もっと言えば古典中の古典、マルサス『人口論』だってある意味そう。そそっかしい反共主義者たちのように、マルクスの本を「はずれ」(革命が先進国でなくロシアで起こった、など)と言っても意味がないことも言っておかねばなるまい。
 書いてあることが当たるかどうかということよりも、何を根拠にどこまで言えるか、ということを考えてみる。例えば、アタリの日本の将来への評価は厳しいが、韓国の将来への評価は意外なほど高い。これなどは欧州市場で韓国のサムスンが伸びていることと無関係ではないのではなかろうか。でも、日本の技術の「ガラパゴス化」(日本の携帯電話のように、世界が求めていないところまでオタク的に技術が高度化)が、安価でそこそこ品質のボリュームゾーンに合っていない現状も確かにある。フランス人特有の「自分の判断自信持って断定」調、「鬼面人を驚かす」調も、それ自体面白いだけでなく、いろいろな楽しみ方を学生に教えたい。
 それにしても、最近私が気に入ってしまう本は、アンデルセンにせよ、アレグレにせよ、みな林昌宏氏の訳である。私がフランス好きである大前提のほかに、やはり訳文が読みやすく、頭に入ってくるからだと思う。とにかく、なかなか横文字に手を出さない学生にも英語以外の言語で書かれた良書の良訳がたくさん出るのは助かる。奥付を見ると、林氏は私と同年(1965年)のお生まれであった。ヨーロッパ研究者にも意外に同年生まれの人が多く、センスのいい人たちの年、と勝手に思い込んでいる。

|

« 車を買わないといけないか | トップページ | 土産物屋の息子の土産 »