« 深謀遠慮か深慮遠謀か | トップページ | 郵便局で »

来春、児玉先生とEUを講じます

 NHK文化センター青山教室で、来年の1月から3月、「初心者のための西洋史入門 2つの大戦からEUへ」(6回のシリーズ)という講座を、久留米大学法学部の児玉昌己先生と担当します。もちろん、児玉先生が主たる講師で、私はそのお手伝いですが、6回のうち、3回目から5回目、つまり2月の2回と3月上旬の1回、計3回話します。「やそだ総研」「やそだ土産品店」をご覧の方で、「やそだ」はどういう奴か顔を見たいという(物好きな)方がいれば、チャンス?です。もちろん、有料ですが。
 児玉先生は最近も国民投票の行われたアイルランドで調査された後、『週刊エコノミスト』11月10日号の「学者が斬る」に「リスボン条約批准で近づく「欧州連邦」への道」と題した論文を執筆されています。同志社を中心とするベテランのEU研究者の方々が書かれた新刊、鷲江義勝編著『リスボン条約による欧州統合の新展開』(ミネルヴァ書房)にも執筆されていますので、ぜひご覧下さい。この本には、アムステルダム、ニース、リスボン各条約の条文対照もあり、研究者にも便利です。
 私の頭痛は相変わらずで、授業と卒論指導以外はほとんど開店休業状態ですが、このときまでは体調も戻しているでしょう。今日はなぜか左耳がよく聞こえません。宣伝しておいてなんですが、各所への不義理は今しばらくお許しを。
 

|

« 深謀遠慮か深慮遠謀か | トップページ | 郵便局で »