« 金沢の書店事情 | トップページ | 北日本新聞が夕刊休刊へ »

ヨーロッパハウスの移転

 三番町にあるヨーロッパハウス(EUの大使館にあたる駐日欧州委員会代表部がある)が港区に移転する。ただし、まだ建設が始まったばかりで、実際に移るのは少し先、2011年の話だが、今後のEUの業務の拡大には、今あるところは手狭になるらしい。EU(というより当時はEC)を勉強し始めたときは、ここに公開のライブラリーがあって、よく通ったが、それがなくなってもう10数年経っている。
 80年代後半から90年代初めにかけて、私の学生時代から会社時代は、九段下のイタリア文化会館とここで資料収集するのが、私のお決まりコースだった。両方が閉まる夕方からは語学教室や映画に行くという流れである。昔は蔦の絡まる古風な建物だったイタリア文化会館が数年前に高層ビルに変わり(会館の機能は内部に残っている)、それに続いて、大げさな言い方をすれば、わが青春の名残りが消える。
 新ビルは、EU研究の盛んな慶應にますます近くなる。

|

« 金沢の書店事情 | トップページ | 北日本新聞が夕刊休刊へ »