« 頭の痛みを癒す心の痛み | トップページ | 射水市長選の結果 »

グローバリゼーションを教えるには

 国際関係論を大学で教えるものにとって、実は「グローバリゼーション」というのは、なかなか厄介である。近年特に意識されてきたことでもあるし、定義によっては、歴史的にも古くまで遡ることも可能、要は「何であるか」も「何でないのか」も説明しづらい。さらに理論的な説明からはするりと抜けることもある社会的現象でもある。例えば、コカコーラの世界的普及のような。
 90年代の後半の5年間、社会人を経て二度目の大学院生をしていた私に、おぼろげながら理解のヒントを与えてくれたのは、国際政治の先生や同窓の院生たちの「これは社会学がいちばん説明できる概念だ」とか、「社会学から概念を借りてこないとうまく説明できない」という言葉だった。
 日本の「国際化」(グローバル化とは重なるが、ちょっと違う)に関する、学生の卒論をチェックしていて、海外渡航の自由化が1964年、外国産ワインの輸入自由化が1970年ということが、グローバリゼーションの説明に欠かせない分かりやすい史実だと気づく。クラシックな理論や歴史ばかり教えてきた私は、ゴルバチョフの登場でヨーロッパ路線がソ連(ロシア)上空を飛べるようになったといった程度のことは話してきたが、こういうことは話題にしたことはなかった。でも、まさに必要なネタだ。
Yamashita

 賢い人はとっくの昔に気づいていた。現在、ワインでグローバリゼーションを説明した山下範久さんの著書『ワインで考えるグローバリゼーション』(NTT出版ライブラリーレゾナント)が話題になっています。ウェブ上のインタビューも大変面白い。ご自分の生活を豊かにするためにワイン学校で学び、専門の資格もとって、それを教育や著作で社会に還元されるとはすばらしい。大学院時代から、われわれの知らない世界システム論の深い理解を教えてくれた方ですが、さすがです。
 

|

« 頭の痛みを癒す心の痛み | トップページ | 射水市長選の結果 »