« 中国の死刑がなぜ恐ろしいか | トップページ | 4月6日夜のテレビは外交漬け »

松下政経塾の内部映像

 教育機関とその卒業生の成果との関係は論じるのは、難しい。本当にその機関のおかげなのか、本人の努力なのか見極めるのが難しいからだ。しかし、誰が見ても明らかに成果を上げている機関というのはあって、数多くの国会議員を輩出している松下政経塾はその例である。
 当初、創立者の松下幸之助氏が党派を問わず、優れた政治家を養成するとして、この学校を作ったときには、学校で政治家が作れるか、と批判的な見方もないではなかった。しかし、どの大学や学部よりも成果を上げている。これだけの数の議員を出している機関は、中央官庁以外にはないはずだ。民間教育の成功例として、もっと記憶されていい。
 これまで活字メディアでは情報があったが、今日、初めて内部の映像をテレビで見た。日テレの「バンキシャ!」がその教育活動を紹介していた。
 それにしても、元検事のコメンテーター、今日もぶち壊しのメチャクチャ・コメント。司会の福澤さんと鈴江アナがかわいそう。

|

« 中国の死刑がなぜ恐ろしいか | トップページ | 4月6日夜のテレビは外交漬け »