« 新年度の目標 | トップページ | 中国の死刑がなぜ恐ろしいか »

病院と薬局で考えたこと

 4月1日、新学期に備えて、心配なところをチェックしてもらうため、これまで行ったことのない大きな専門病院に行ってきた。その病院は、脳神経外科や循環器外科など診療科を幾つかにしぼった専門病院(病院名は伏す)で、はっきり言って、総合病院にはある小児科と婦人科がないので、中高年中心の病院である。医師もちゃんとした説明をしてくれるし、質問にも的確に答えてくれる、いい病院だった。
 玄関にいきなり、本日より、脳神経外科の医師が一人やめたので、同じ科の縮小・再編を行う、という張り紙があった。カウンタでも馴染みの先生が辞めたことを知ってとまどっている人がいた。ここでも医師不足かと思ったが、大きい病院で、出勤表を見ると、たくさんの医師がいるので、全国的な動きとは区別が必要なようだ。むしろ、この病院は専門分野では設備が充実しているようで、より専門的な医療に特化することが行政からも求められているのだろう、患者の地元にある専門医を紹介すると書いてある。確かに、日本のように、いきなり大病院にも小病院にも、どこに行ってもいいというのは、ちょっと海外でもない、問題のある体制である。イギリスでは、ホーム・ドクターが診て、手に負えないのだけ大病院に委ねるし、ドイツでは、医者が十分なところには開業を制限し、医者不足のところで優先的に認める。
 病院自身が季刊のパンフレットを作っているくらい、よく整っている。そのパンフレットで、大学に大学評価・学位授与機構があるように、病院にも今は日本医療機能評価機構があることに気づく。その基準のヴァージョン○(病院が特定されるので、番号はここでは書かない)指定を受けたとあった。全国にも限られた数しかないようだから、これは誇りなのだろう。詳しく知らないが、ヴァージョンという言葉は、あるいは、「優良」などと書くと、他が「不良」のように見えてしまう(そうすると誰もそこに行かなくなる)ので、到達度のように表しているのではないだろうか。
 報道にあったように、1日から全国で義務づけられる、詳しい明細書が出た。この病院では、すでに昨年からできていたようだ。
 その病院の外には、大きな処方箋薬局が2軒もある。大きい方の薬局は、真ん前にあり、ピンクのブレザーの制服を着た案内係の女性がドアの前に待っていて、こちらは水の流れのように自然に中に案内される。中はカフェかレストランのようにガラス張りで明るく、机と椅子が多数あり、患者というより客は、各テーブルで待っていれば、向こうから薬を持ってきて説明にくる。お茶も出た。薬局で茶が出たのは初めてだ。
 ひょっとして、と思うのは、接客の有名な先生で、「エチカの鏡」にも出た平林都さんという人の影響ではないかと思った。この方は、伝説のマナー教師で、病院もサービス業である以上、待っている人にはお茶の一つも出さないのはおかしいと、指導した病院(私が今回行った病院ではない)でお茶を配っていたのである。
 別にお茶が欲しいわけではない。しかし、診察などを過ぎた後は、ちょっとうれしいかも。でも、日本的な行き届いた配慮に慣れすぎると、ずぼらな(大らかな?)海外に行ったとき、変になる気もする。

|

« 新年度の目標 | トップページ | 中国の死刑がなぜ恐ろしいか »