« Routledge讃 | トップページ | 英自民党のビデオ版マニフェスト »

「第三極」の「共産党」化

 みんなの党が参議院選の初の1人区候補として島根で桜内元衆院議長(自民、故人)の甥を候補に立てる。青木自民参院議員会長の選挙区だが、1人区といっても衆院と違い参院の農村を含む全県1区では自民は強いし、おそらく反自民票がみんなの党に終結するはずもなく、民主党が食われて、むしろ青木氏が有利になる、と誰もが見るだろう。反民主はみんなの党の主張だから大いに結構なのだが、自民党では改革ができないと離党した渡辺氏が結果的に自民党の旧体制の象徴である青木氏に利することになりかねない戦い方には疑問も多く持たれることになるだろう。これは、非自民・反民主のファイティング・ポーズだけはとりながら、選挙後を見越して、自民党に密かに塩を送る高等戦術にも見える。
 昨年の衆議院総選挙で民主党が大勝した一因に、過去の選挙でほぼ全選挙区で候補を立ててきた(単独政権を目指すには理論的にはそれが必要であるから、それ自体は間違っていない)共産党が、そのままでは結果的に自民党を利することになる(無論、各地方での選挙費用の負担の問題もあったと思われるが)と考えて、かなり選別して候補を立てたこともあった。
 したがって、候補の立て方によっては、「第三極」はかつての共産党のように、自民党のいちばんの反対者のはずが、自民党の最大の敵である民主党をくじくという意味で最大の支援者になってしまう可能性もある。衆議院での民主党の優位は大きく、今の民主党よりは自民党のほうがいい、という判断なのだろうが、選挙後に「統一」自民党でなく、自民党「連邦」のような政党の配置になることを国民は変化と考えるだろうか。
 もちろん、1人区という制度自体に問題があるとも言えなくもないが、直前に迫った今となっては、それは前提であるから、やはり戦い方が問題になる。

|

« Routledge讃 | トップページ | 英自民党のビデオ版マニフェスト »