« 参議院選挙・東京選挙区候補者HPリンク | トップページ | Sex and the Congress »

あなたにもできるマニフェスト収集(1):4党集中、四谷編

 参議院選挙の各政党の選挙公約を書いた、いわゆる「マニフェスト」(公職選挙法上は「書籍またはパンフレット」)は、ネット上で見ることも可能ですが、紙の冊子が欲しいという方も多いと思います。しかし、現行の公職選挙法では、マニフェストの「散布」(どこでも自由に配布)を認めておらず、選挙事務所、個人演説会、街頭演説でのみ「頒布」ができると定めているために、個人の住宅ポストに投函はできず、自分で取りに行くか、偶然、街中で街頭演説にぶつからないと入手できません。
 でも、実はちょっと工夫すれば、短時間で収集できます。週末に散歩がてらマニフェストを収集して歩き、選挙事務所の雰囲気などもちょっと感じながら、社会勉強してみてはどうでしょう。
 私自身は、大学での1年生向けの政治学の入門講義で実物を見せるために、前回の総選挙から全政党のマニフェストの収集を始めました。このブログで今回の私の収集作業を紹介します。
 初回の今日は、夕刻から始めました。向かったのは、四谷三丁目・四谷間の国道20号線(新宿通り)。ここに東京選挙区の4人の候補者の選挙事務所が集中しています。詳しい地番は一種の「個人」情報ですので、ここに明記はしませんが、各候補者のホームページをリンクしておきますので、そこで確認してください。もっとも、私が書く順で回れば、ぼーっと散歩していても、分かります。
 四谷三丁目から四谷の方向に左側の道をしばらく歩いていくと、民主党の小川敏夫候補の選挙事務所があります。ビルの2階ですが、入口にマニフェストが置いてあり、中のスタッフに一声かけて、もらいます。このまま四谷方向に少し歩いた先に、「たちあがれ日本」の小倉麻子候補の選挙事務所がやはりビルの2階にあります。同じビルに事務所がある与謝野馨代議士の応援もあるのか、自民党仕込みのたくさんのスタッフがいる事務所で、マニフェストをもらいに行くと、まわりの人々がみな挨拶をしてくれて、かえって恐縮します。
 ここを出て反対側の通りに目をこらすと、なんと、公明党の竹谷とし子候補の選挙事務所があるのが見えるではありませんか。少し先にある横断歩道で向こう側の通りに渡り、今度は四谷三丁目に戻る方向に歩くと、オレンジ色の目立つ看板のある竹谷候補の事務所の前には、こちらは選挙熱心な公明党らしく、門前にスタッフが立っておられるので、マニフェストが欲しい旨伝えて取ってきてもらいます。ここから少し歩くと、今度は社会民主党の森原秀樹候補の選挙事務所があります。小党らしく2人のスタッフが電話を一生懸命かけていましたが、一声かけてもらってきました。ここから少し歩くと、四谷三丁目の地下鉄駅に戻れます。
 このように、小一時間で4党集められるので、四谷はマニフェスト収集の着手場所としてはいい場所です。ただ、マニフェストは、政党によっては、完全版と要約版の2種(各1種作れるということで、別に要約版を作らず、1種でも構わない)がある場合もあります。末端の選挙事務所には、要約版しかない場合もあります。これは費用的な限界もあり、やむを得ません。普通の関心の方には、要約版で十分なのですが、完全版が欲しい場合は、さらに他を回る必要も出てきます。そういうこともここで書いていきます。ちなみに、今日集められたのは、民主党(第1号)、公明党(第2号=要約版)、社民党(第2号=要約版)、たちあがれ日本(第1号)です。カッコ内の番号は届け出パンフレット等(マニフェスト)につけられる各党ごとの番号で第1号だけの場合もありますが、あっても第2号までです。
 明日は、青山から六本木にかけて、自民党とみんなの党をゲットするつもりです。

|

« 参議院選挙・東京選挙区候補者HPリンク | トップページ | Sex and the Congress »