« Sex and the Congress | トップページ | あなたにもできるマニフェスト収集(3):新橋・代々木編 »

あなたにもできるマニフェスト収集(2):青山・麻布編

 2日目に入ったマニフェスト収集。まずは、青山一丁目交差点からすぐの中川雅治候補の選挙事務所。ビルの1階にあり、受付には学生っぽい若いバイトがいて、マニフェストをもらえます。マニフェスト(届け出パンフレット等第1号)のほか、「頒布」場所が限られるマニフェストと違い、いつでもどこでも配れる(「散布」できる)政策パンフレット「いちばん。」がありました。この「政策パンフレット」というのが微妙なもので、選挙活動であることを書かなければ、政党はいつでも政策を訴えることができるので、こういうものが配布できます。自民党は、それをうまく利用し、事実上、マニフェストのエッセンスを拾った簡略版と言ってもいい政策パンフレットをこの間にも「散布」しています。
 次に青山一丁目から都営大江戸線に乗り、六本木を経て麻布十番で降りました。実は、これは失敗で、六本木で降りるべきでした。その理由は後で書きます。麻布十番の4番出口を出ると、その出口から前に歩いていくと、新党改革の選挙事務所が1階にあります。ここは入口すぐのところにはマニフェストを置いてなくて、中に入って、カウンタにあるのを一声かけて、もらってきました。
 ここから麻布台にある「みんなの党」の松田公太候補の選挙事務所に向かったのですが、この道順は失敗でした。麻布十番から行くと、ずっと上り坂になり、この季節はちょっとしんどいです。といっても、10分くらい歩けばいい話なのですが。ただ、どこから行っても、松田候補の事務所は分かりやすいです。というのは、実は外務省の飯倉公館、つまり、われわれ研究者にはお馴染みの外務省外交史料館の真向かいにあるのです。ここでは中に入らなくてもいいように、外にマニフェストが置いてありました。もっとも「みんなの党」だけは、これを「アジェンダ」と呼んでいます。私はこの呼び方には賛成できないのですが、これについては、このブログで何回も書いたので、ここではやめます。
 したがって、六本木で降りたほうがよく、六本木から東京タワーの方向に緩やかな下り坂を道なりに歩いていけば、飯倉片町の交差点の先の左側の通りに外交史料館、その向かいの右側の通りに松田候補の事務所があり、ぼーっとしていても着きます。そこから六本木方向にとって返し、飯倉片町の交差点を左に下り坂を下りていけば、麻布十番の新党改革の事務所に行け、すぐ地下鉄に乗れたわけです。
 もう時間もなかったので、どこかもう一ヶ所と思ったのですが、主要政党の事務所はどこも少し離れていたので、諸派のうち、前の総選挙で回って見つけていた、幸福実現党の銀座の事務所でマニフェストをもらってきました。もう遅い時間で誰もスタッフはおらず、前の棚にマニフェストがあったので、もらってきました。
 本日の収穫は、自由民主党、新党改革、みんなの党、幸福実現党の、すべて届け出パンフレット等の第1号でした。なお、後で気づきましたが、もう一人の自民党候補、東海由紀子氏の事務所も六本木にあるようなので、ここが選挙事務所になっていれば、そちらに行けば、六本木周辺だけで3件行けます。

|

« Sex and the Congress | トップページ | あなたにもできるマニフェスト収集(3):新橋・代々木編 »