« キャメロンの祖先と『坂の上の雲』(続) | トップページ | 公示前、一有権者の宣言 »

小党は「アジェンダ」って言うな

 以前書いたのでくどいが、ちょうど今日、みんなの党の選挙公約のプレゼンがあるので、繰り返し書いておく。民主党と差別化を図るために、「マニフェスト」という、それ自体は中立的な言葉を、まるで汚い語扱いして、自党の選挙公約を「アジェンダ」と呼ぶ、みんなの党の安易な言語感覚だけは支持できない。自ら首班をとる可能性がない小党がこの語を使うことが、かえって滑稽なことに気づかないのだろうか。
 別に民主党の肩を持つわけではない。マニフェストは民主党だけのものではなく、すべての政治勢力のための言葉である。ローカル・マニフェストの盛行や早稲田大学のマニフェスト研究所など、日本政治にとって、選挙公約を具体化していくために、この言葉は力を持ってきたはずだ。ここ数年のこういう積極的な意義をみんなの党はどう考えているのか。
 アメリカの民主党や共和党も確かにアジェンダという語で選挙公約を語ることはある。つまり、実現性が高い、わが党が勝利すれば、すぐ政府のアジェンダ(政策日程)にも入りますよという気合いが入っていて、それは二大政党なら理解できる。
 これから伸びていかないといけないし、今のところ自ら首班をとる可能性がない小党は、やはり、ひたすら国民への訴えに徹し、マニフェストと呼ぶべきではないか。現状で「アジェンダ」と呼ぶのは、滑稽でかつ悲しい、傲慢ですらある。

|

« キャメロンの祖先と『坂の上の雲』(続) | トップページ | 公示前、一有権者の宣言 »