« 「平和の歴史」は書けるか? | トップページ | 私が持ち出しでもやる研究 »

Amazonで国際的古本漁り(1):『ヴェルサイユの宮廷料理』

Tableroyale
 ネットに関する関心がツイッターに向いているので、私もブログはどうしようと思うのですが、やはり字数が欲しいものはあって、更新もできるというところがブログの特性だと思うので、本の感想などは、先に本のデータだけ入れて、後で時間のあるときに書こうと思います。
 私は、できるだけ学生の好きなことを卒論で書かせたいと思っていて、そのフィージビリティー(実現可能性)だけを最初はチェックし、自分の知らない分野はいっしょに勉強して、自分の世界を学生を使って広げたいと思っています。
 前年のある卒業生がフランスの宮廷料理を取り上げるというアイディアを出したとき、グルメでもない私には無理と一瞬思ったのですが、よく考えると、外交史研究でも宮廷の知識は必要です。しかし、これは日本語の文献は少ない。そこで、Amazonのフランス語版で調べて引っかかったのが、この『ヴェルサイユとヨーロッパの宮廷料理』(展覧会カタログ)です。1993年から1994年にかけて実際にヴェルサイユで行われた展覧会ですが、大変勉強になりました。
 単に料理だけでなく、建築、装飾、美術、余興の音楽、演劇、バレエ等にも及ぶもので、各国との比較もあります。フランス宮廷料理が世界のスタンダードになるには、イギリスにこれを広めた料理人や本がいたことが大きかったことも、これで分かりました。
 私が書くつまらないものには一行も引用できない本ですが、人生を豊かにはしてくれます。
 勝間和代ファンに、勝間氏の影響から「楽天ブックス」を褒める(送料がタダとか、本をこの店で買った人しか書評できないしくみが、この人たちにはよいそうです)傾向が最近見られるのに対し、私はやはりAmazonだという意を込めて、この項を書きました。扱うのは、鹿島茂先生のような貴重な「古書」ではないです。ここで扱うのは、数千円で買える「古本」です。

|

« 「平和の歴史」は書けるか? | トップページ | 私が持ち出しでもやる研究 »